物理学者を黒板と一体化させたアートにくぎづけになる

物理学者を黒板と一体化させたアートにくぎづけになる 1

頭でわかっていても、やっぱり絵に見えてきます。

黒板で囲まれた空間に、ボディペイントした2人の物理学者が配置されているという不思議な作品。ぱっと見たところ黒板に書かれた絵のように見えますが、トリミングのほかにはとくに加工をしていない写真です。

制作したAlexa Meadeさんは、理論物理学やコスモロジー分野で最先端を走るPerimeter Institute for Theoretical Physicsにおいてアーティスト・イン・レジデンス(芸術家がひとつの場所に滞在しながら制作活動をする)を行なっています。彼女は米Gizmodoへのメールでこんなふうに話してくれました。

頭はこの絵を「黒板に描かれた2次元の絵」として認識するはずです。しかし、みなさんが目にしているのは全身にペイントを施した生身の人間です。

Meadeさんは研究所の科学者たちがチョークまみれのジーンズを履いているのを見て、黒板をキャンバスにするアイディアをひらめいたと言います。

わたしには人にペイントしたいという芸術家としての衝動がありました。そして、物理学者たちが自身の理論を伝える手段として黒板のチョークが存在します。

そこで彼女はこの2つを組みあわせて1つの作品として表現しようとしたのだとか。3次元のものを2次元のように見せる手法は、高次元世界について研究をしている物理学者たちの表現としてぴったりなのかもしれません。

物理学者を黒板と一体化させたアートにくぎづけになる 2

ちなみに背景の黒板に書かれているのは、Perimeter Institute for Theoretical Physicsの物理学者たちが自分たちの研究について表した式の数々。Meadaさんは平面的に見えるよう、黒板の式をあえてぼかしたり、しみをつけたり、強調したりしています。

物理学者を黒板と一体化させたアートにくぎづけになる 3

写真に登場した物理学者はLauren Hayward SierensさんとLaurent Freidelさん。彼ら2人をペイントするのにかかったのはおよそ1時間だそうです。

撮影当日の午後、SierensさんとFreidelさんは研究所の人たちの前で3Dアート空間を動きまわりました。パフォーマンスが終わるとペイントを洗い流し、黒板も解体されます。せっかくの黒板なのにちょっともったいない気もしますが、Meadeさんはその理由をこんなふうに語っています。

はかなさというのも本作品の一部です。アイディアはとめどなく変化し、進歩していきます。新たなアイディアを生みだすために、黒板は元のきれいな状態に戻されるのです。

Perimeter Institute for Theoretical Physicsは制作の過程を撮影したビデオも公開しています。1から作品が出来あがっていく様子を存分に楽しめますよ。

写真に登場する物理学者のFreidelさんは自身の体験について次のように話しています。

自分が対象化されるというのはとても奇妙な体験でした。(中略)物体としてペイントされることで2次元の世界に入っていく、そしてそれを人々が見つめているんですから。いつもの自分としてではなく、芸術作品における1つの部品として自分を見ているんです。

もう1人の物理学者Sierenさんも「人々はわたしを見ているのではなく、Alexaの作品を見ているのだと感じました。わたしは3次元のキャンバスの一部となっていたんです」と語りました。それと同時に、彼女はすごく緊張したと言います。人々の好奇心の的となり写真を撮られるだけでなく、喋ったり笑ったりすると顔のペイントが剥がれるのではと気になっていたのだとか。たしかに自分がアートの一部になることを想像してみると、ものすごく責任を感じでしまいそうです。

とはいえ、戸惑いながらもアート作品になる体験を楽しんだ2人にとって、何より大変だったのはすべてのペイントを洗い落とすプロセス。Freidelさんによると洗い流すのにかかった時間はおよそ40分間、Sierensさんはもう少し長い時間が必要だったとのこと。そのあとも2日くらいは首にちょっと絵の具が残っていたと話しています。

物理学者を巻き込んだ見事なアートを作り出したMeadeさんは、アートとサイエンスは決して衝突するものではないと考えています。

異なる考え方が1つに集まって刺激し合う、アートとサイエンスはそんな相互作用が起きるのをわたしたちに見せてくれるのです。

そう考えてみると「人文系」や「科学」と区別する「2つの文化」的な考え方はこれからどんどん揺らいでいくのかもしれません。そんなことを教えてくれる今回のアート作品。すべての写真を見たい人はこちらから。Alexa Meadeさんのホームページでは、ほかにもなかなか興味深い作品たちを楽しめるのでぜひ。

source: Perimeter Institute

Jennifer Ouellette - Gizmodo US [原文]

(Haruka Mukai)