辛い中にも心温まる。パリ襲撃後、怯える子供に語りかけるパパの動画が拡散中

French father and son have the most precious conversation in i...

A father and son have the most precious conversation during an interview by french media at the scene of the Bataclan attacks. I saw that it hadn't been subtitled in english yet, so I made a quick edit to show the rest of the world how freakin awesome some of our citizens are. They're my heros. I feel better too now! #paris #bataclan #parisattacksUPDATE: Full segment has been posted with subtitles by LPJ http://www.dailymotion.com/video/x3e8rah_paris-attacks-november-2015-le-petit-journal-du-16-11_tvImages and interview are a courtesy of Le Petit Journal . Thank you so much to the LPJ team for this interview and a very touching segment yesterday! Also, thank you for letting this video be accessed by all and not putting it down. Thank you to Angel Le (father) and Brandon (son) for brightening up our day. <3 Original Segment: http://bit.ly/1Lix9L2Original Video (without subtitles): https://www.facebook.com/PetitJournalYannBarthes/videos/1013093998733798/

Posted by Jerome Isaac Rousseau on 2015年11月16日

今、パリ在住の6歳の少年Brandon君とそのパパAngel Leさんのパリ襲撃に関する会話が話題になっています。

Angel Leさんと彼の息子Brandon君がパリの襲撃現場を訪れていた時、Le Petit JournalのレポーターがBrandon君にインタビューしました。そのインタビュー動画は一気に拡散し、Facebookで1100万回以上再生されています。

レポーター:何が起こったか分りますか?

      何故彼らはこんな事をしたのか理解していますか?

  少 年:うん。彼らが本当に本当に意地悪だから。

      悪い人達は本当に良くないから気をつけなくちゃいけない。

      家だって引っ越さないと…。

  パ パ:心配しないでいいよ。僕たちは引っ越しする必要なんてないんだよ。

      フランスが僕らの家だから。

  少 年:でもパパ、悪い人達がいるんだよ。

  パ パ:うん。でも悪い人たちは何処にでもいるんだよ。

  少 年:彼らは銃を持ってる。本当に本当に悪い人達だから僕らを

      撃ってくるよパパ。

  パ パ:大丈夫だよ。彼らは銃で撃ってくるかもしれない。

      でも僕たちには花がある。

  少 年:でも、花はなんにもしてくれないよ。花は…花は…

  パ パ:もちろんしてくれるよ。見てごらん。皆が献花する花は銃と戦ってるんだ

  少 年:守るために?

  パ パ:そのとおり

  少 年:ロウソクも?

  パ パ:それは、昨日亡くなったひとたちを、しのんでいるんだよ。

  少 年:花もロウソクも、僕たちを守るためにココにあるんだね。

レポーター:気持ちが楽になったかな?

  少 年:うん。楽になったよ。

    

愛らしい少年がテロの概念と戦う姿を見ると悲痛な思いがすると同時に、父親の言葉で安心する姿に心温まります。Angelさんの話を楽観的だとか理想主義的だと思う人もいるかもしれません。でも、ニュースで連日この悲惨なテロの報道がされ、世界中に恐怖が広がっていく中で一服の鎮静剤のような存在になったのかもしれません。

Angel Leさんが道を歩いていると、この動画を観たひとたちから、「あなたの息子さんに素敵な教育をしてくれてありがとう」といった言葉をかけられることが多くなり、Angel Leさんは反響に驚いているとカナダ放送協会に語ったそうです。

献花しに行ったら偶然にインタビュー。もし自分がAngelさんと同じ立場だったら、こんな会話をすることが出来たかな…。

source: CBC.ca

Kaila Hale-Stern - Gizmodo US[原文

(junjun)