配達とかやめて、卓球に青春をそそぐドローン現れる

十人十色、ドローンもいろいろ。

ドローン業界の発展は目覚ましく、気がつけば当たり前のように空にはドローンが行き交い、ドローン配達が主流になっているのではと思います。が、数あるドローンの中には、その王道から外れて、自分だけの道を模索するものもいるのでしょう。IBM研究所のドローンは、卓球に青春をそそいでいます。

ドローン卓球を行なうのは、IBMのJae-Eun Park氏とそのチーム。使用しているのはIRIS+というドローン。見事にピンポン球をトラッキングし、打ち返しています。まだまだ初心者レベルですが、これからの練習次第では、人間も負かされてしまうかもしれませんな。

source: IBM Research via DIY Drones via IEEE Spectrum

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(そうこ)