イスラム国に宣戦布告したアノニマス、無関係なアカウントを停止に追い込む

2015.11.25 22:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

151125isisanonymous.jpg


イスラム国に宣戦布告したアノニマスですが、最新の報道によれば、どうやらその戦いは早くも失敗しているようです。

宣戦布告から1週間たち、すでに複数の派閥が別々にイスラム国に対する攻撃を開始しています。多くの場合イスラム国に(ISIS)をサポートするツイッターアカウントを停止することがその目標となっています。でもそこには大きな問題が。

というのも、アノニマスが標的とするツイッターアカウントの多くがイスラム国と関係がなく、そのためこの攻撃がなんだかすこし人種差別的で外国人嫌悪的なものに見えてきているんです。


Ars Technicaによれば、アノニマスが「攻撃に手助けをするには」というドキュメントの中で公開した約5000のツイッターアカウントのうちほとんどすべてがすでに停止されています。しかしそのリストはちょっと適当なものだったようです。Ars Technicaはこう報じています:



Arsの確認したところでは、アノニマスメンバーらにより投稿された4000のツイッターアカウントが載った別のリストには、イスラム国に賛同するメッセージを投稿したものも含まれていましたが、大半は明確にイスラム国ではありませんでした。いくらかはパレスチナ人によるもので、ほかにイスラム国を「トロール」しているらしいアカウントも含まれていました。その他はただアラビア語のアカウントであるだけというようでした。


ツイッター自身もイスラム国に賛同するユーザーのリストとされるものが「ひどく不正確」であると言っています。ツイッターもイスラム国の存在は十分認識しており、テロリストたちがツイッターを使って破壊的なプロパガンダを流していることも知っています。しかし、イスラム国の脅威に対してきちんとした理解を持っている賢い人たちは、自ら対イスラム国キャンペーン*を立ち上げていますし、ツイッターだってイスラム国のアカウントを停止するためのアラビア語に流ちょうなモデレーターたちによる特別チームを持っています。

アノニマスが世界を救うために立ち上がったもののむしろ悪影響になっている、という状況は驚くにはあたりません。リーダー不在のこのハックティビストたちの名前はしばらく耳に入ってこなかったものの、今年もアノニマスの環境保護主義の派閥が、(地元住民の意見も賛否が分かれているにも拘われず)完成すれば世界で二番目に大きなものとなるが先住民の聖地に建てられようとしているThirty Meter Telescope望遠鏡に反対しハワイ州政府のサイトをダウンさせたりなど、いろいろやっていますし、今後もいろいろやらかしてくれるでしょう。でもあまり期待しないほうがよさそうです。

*リンク先の記事は、中国やロシアのようにアメリカもネットプロパガンダ部隊を作り、偽イスラム国アカウントを作ることで本物のイスラム国アカウントを偽物っぽく見せ、偽アカがイスラム国の「新兵勧誘」をすることでそのユーザーの情報をつかむ…とかすればいいのに、という記事。


Image by by Gizmodo.

source: Ars Technica, Daily Dot

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文
(abcxyz)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア