「安全」と太鼓判の遺伝子組み換え「フランケン・フィッシュ」、ホントに大丈夫?

「安全」と太鼓判の遺伝子組み換え「フランケン・フィッシュ」、ホントに大丈夫? 1

ちょっと、ぎょっとしちゃいますよね。

数十年にわたる検討期間を経て、ついにFDA(アメリカ食品医薬品局)が、遺伝子組み換え(GE)のアトランティックサーモンは食べても安全であると承認しました。

FDAは、AquAdvantageサーモンと呼ばれる遺伝子組み換えのアトランティックサーモンについて、「遺伝子組み換えでないアトランティックサーモンと安全性、栄養価ともに同等」だと表明。その理由については、自然のアトランティックサーモンと"物質的に同じ"だから。さらに、「販売時に遺伝子組み換えと表示する必要のある成分を含んでいない」との理由から、ラベル表示の義務も現時点で必須ではないのだとか。

そもそもAquAdvantageサーモンって、どんなもの?

1989年に開発され、アトランティックサーモンをベースに、キングサーモンの成長ホルモンなどを含むよう遺伝子が組み換えられたもの。通常のアトランティックサーモンの2倍の早さで成長するのだそうです。

FDAが長いこと続けている実験によると、組み換えられた魚の遺伝子は数世代以上にわたって安定的で、人間にも動物にも食用として安全、しかも速く育つから増えるサーモンのニーズにも応えられるとのこと。

今回食品として承認が降りたのは、カナダやパナマにある特定の施設で生産されたAquAdvantageサーモンのみ。アメリカで販売されることになっています。

このサーモンを「フランケン・フィッシュ」と批判し、「長期的に食べ続けた場合、人体にどんな影響を及ぼすかわからない」とこれまで食品への利用に強く反対してきた環境保護団体や専門家は、FDAの決断に怒り心頭でしょう。

ちなみにアメリカでは、サーモンのラベル表示について別の問題もあるみたいです。レストランのメニューやスーパーのラベルに「サーモン」と表示されている魚が、本当にサーモンなのか、というもの。「サーモン」として世に出ている魚のうち、少なくとも43%が実際は別の魚であるというデータが10月末に出たばかりだったのです。こんな状況にプラスして、遺伝子組み換えが出回るとなると、うーん…なんともややこしいこと。

またFDAによると、これらAquAdvantageサーモン生産施設では、魚が逃げ出さないようにかなり厳重に保護されている、とのこと。いずれにせよ、AquAdvantageは繁殖能力を持たないのだからこの点は特に問題ないようですが。

栄養価、安全性ともに問題ないと公的に認められたとはいえ、通常の2倍の速度で成長する「フランケン・フィッシュ」。歴史的な一歩ともいえるこのニュースを喜ぶべきなのか、食の安全を危惧するべきなのか…。市場に出回り始めたら、アメリカの家庭で賛否が分かれることは間違いなさそうです。

Image by shutterstock

source: FDA via Consumerist

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(Rina Fukazu)