フォードが違法ドラッグ運転を疑似体験できるスーツを開発

あの世へのトリップにならないように…。

フォードは、Driving Skills for Lifeという教育プログラムの一環として、違法薬物を摂取した状態を疑似体験できる「薬漬けドライビングスーツ」を開発しました。このスーツは装着したら視界がグルグル。手足や指も正確に動かなくなってしまいます。たとえば、LSDの副作用の再現では、ゴーグルを通して視界のゆがみカラフルな幻覚が再現され、ヘッドホンから幻聴が聴こえます。

フォードが違法ドラッグ運転を疑似体験できるスーツを開発 1

装着者による試乗の様子。ハンドルをコントロールできていません

フォードが違法ドラッグ運転を疑似体験できるスーツを開発 2

反射神経が鈍っているので、投げられたバランスボールすら受け止められません

薬漬けドライビングスーツの開発の背景には欧米の深刻な社会問題がありました。というのも、米国では年間4,000人以上、英国では200人以上が薬物の影響での交通事故で死亡しているんです。日本も2015年上半期(1〜6月)だけで危険ドラッグが原因の交通事故の検挙人数が33人と過去最多になっているので、他人事ではなさそうです。

今後は世界各国で体験プログラムを開催するとのこと。おそらく面白半分で体験する人も多いと思いますが、想像以上に五感が狂って体のコントロールが効かなくなる恐ろしさが理解できるはずです。注意喚起としては、どんなテキストや動画よりも説得力がありそうですよ。

source: Daily Mail Online,NHTSA,Driving Skills of Life,警察庁

(高橋ミレイ)