高すぎて見られない。地上120mのロープを徒歩で渡った世界記録男の決定的瞬間

高所恐怖症の方、覚悟してください。

比較的緩やかに張ったバンドの上を、綱渡りの要領で渡っていく「スラックライン」。ここ数年で、スポーツとしての人気も高まってきました。

こちらの動画は、そのスラックラインで約500mを渡りきり、世界記録を作った際のもの。大自然の中で豆粒のように見えるのが、プロのスラックライナー・Théo Sansonさんその人です。

場所はアメリカユタ州にある、キャッスルバレー。たしかに、荒野に佇む巨岩は特徴的で魅惑的はありますが、その高さは約120mもあるそう。まさかこの間を渡ろうと考えるとは…。なんて命知らずなんでしょう。

SansonさんのWebサイトはこちら。今まで挑戦した数々の動画も見られますので、高所恐怖症でない方は是非どうぞ。

ちなみにこのスラックライン、初心者は木と木の間にバンドを張って、30センチ~ひざくらいの高さで始めるのが一般的です。これなら気軽に始められそうですね。

Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文

(渡邊徹則)