ほんとは名前のイニシャルのせいで死んだりなんかしない

ほんとは名前のイニシャルのせいで死んだりなんかしない 1

名前の頭文字を並べたら「PIG」とか「DIE」になってしまう人、例えば「Peter Ingraham Gateshead」とか「Donald Isaac Epsom」なんていう、悪いイニシャルの人は早く死ぬなんていう調査があります。それに1999年の研究では、「PIG」というイニシャルの人たちよりも「VIP」というイニシャルの人たちのほうが長生きしていました。でもあなたのイニシャルがネガティブなものでもご安心を、最近の調査ではそれが間違いだという結果が出ています。

1999年の研究では、科学者たちによってカリフォルニアの1969年から1995年までの間の死亡証明書が調べられています。良いイニシャルでも悪いイニシャルでもない平凡なイニシャルの人の寿命と比べて、男性の「VIP」さんたちは4.48年、女性の「ACE」さんらは3.36年長生きしていることもわかりました。でも男性の「PIG」さんは2.80年寿命が短かったそう。女性の「DIE」さんは平凡なイニシャルの人たちと同じ寿命だったとか。

イニシャルのせいで早死にしたり長生きしたりなんて面白い話、と思うかもしれません。データもそれを証明しているように見えます。でも他の科学者のグループは別のことを考えました。公式書類に記名したりすることが昔よりも多くなってきているなかで、自分の子どもに「DIE」なんてイニシャルになるような名前を付ける親は少ないんじゃないか、と。

もしかしたら人々の平均寿命が延びてきているから、良いイニシャルの人たちが長生きになってきたんじゃないか、そして人々の寿命が徐々に伸びるのと時を同じくして、徐々に「PIG」といった変なイニシャルになる名前も廃れてきているかも?

というわけで別の科学者たちは1999年の研究と同じイニシャルの人たちを対象に、1905年から2003年までの死亡証明書を調べる独自の調査を行いました。寿命の比較では、まず生まれた年ごとに分けて調べられました。その結果、もし「PIG」、「VIP」、「SLJ」らが1905年、1955年、1975年に生まれていれば、どのイニシャルの人も寿命に変わりがないことがわかりました。この研究では先の研究をイニシャルが人生を決めてしまう「イニシャル決定論」(Monogrammic Determinism)だとして、それが間違っていると証明したというわけです。

Image by USDA

Esther Inglis-Arkell - Gizmodo US[原文

(abcxyz)