美しい映像と独特の世界観。終末後の世界を描いたショートアニメ

子どもたちに「共感」ではなく「競争」を教えていたのかもしれない。

ポストアポカリプス、いわゆる「終末」を描いた作品は数多くありますが、今回は、フランス人アニメーション作家Loïc Bramoulléさんが制作した未来感溢れる作品「Strange Alloy」をご紹介します。

登場するのは、竜のようなネズミのような不思議な見た目の主人公。世界各地の寺院や遺跡などを巡っていますが、どうやら人間はいないようです。一体、地球はどうなってしまったのでしょうか…

ちなみに冒頭の一文は、物語の途中に出てくるセリフ。わずか90秒のアニメーションですが、独特の不思議な世界に浸れます。

Bramoulléさんの他の作品はこちらからご覧になれますので、ご興味のある方は是非。

Omar Kardoudi - Gizmodo SPLOID[原文

(渡邊徹則)