名作映画のこのシーンの秘密

実はそんなことがあったんだ!

映画「インディー・ジョーンズ」のワンシーン、実はあまりに暑くてハリソン・フォードとショーン・コネリーは、実はズボンを脱いでパンツ一丁で撮っていたんだそう。ジャック・ニコルソンが斧でドアを壊す「シャイニング」のあの有名なシーン。ジャック・ニコルソンがドアを壊すのがうますぎて簡単に壊してしまったため、頑丈なドアを作り直して、なんと撮り直しで60個もドアを壊すことになったとか。「地獄の黙示録」でのマーティン・シーンは本当に酔っ払っていて、本当に鏡で手を切って流血してしまったそう。そしてそのあと監督のフランシス・コッポラに喧嘩をふっかけたという裏話。

Screen Rantでは、エイリアン、ジョーズ、ジュラシックパークやエクソシスト、他にもたくさんの映画のシーンの秘密を教えてくれます。映画の裏側を見るっていうのもおもしろいですね。

Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文

(リョウコ)