3Dプリンタの次はこれ? 新しいスプレープリンタが気になる!

3Dプリンタの次はこれ? 新しいスプレープリンタが気になる! 1

もし手に入ったら、どこに何を描く?

3Dプリンタのような3D機能はありませんが、ドットが特徴的なスプレープリンタSprayPrinter が登場しました。コンピュータ制御で、ほとんどどんなデザインでも完璧に再現することができるという、手持ちサイズのアクセサリです。

以前にもスプレープリンタは存在していたのですが、このテクノロジーを商業化しようとする試みは、SprayPrinterが初めてみたいです。…ということは、スプレーを使ったアート作品で名を馳せるなら、まだ世の中にスプレープリンタが普及していない今のうちだったりするかもしれませんよ。

3Dプリンタの次はこれ? 新しいスプレープリンタが気になる! 2

SprayPrinterの使用イメージは上の写真の通り、いたってシンプル。

描きたいイメージをアプリで選んだら、スマホと連携して画像を変換、SprayPrinterのハードウェアに送信。ノズル調整ができる付属品によって、小さなひと吹きがピクセルごとに連なってイメージが仕上がります。

いざ描こうとして、ドットの位置を外してしまわないか、もしかしたらちょっとだけ不安になるかもしれません。そんなときは、スマホのカメラを使って正確にデバイスの位置を追跡しながら使用することも可能なようです。

SprayPrinterのクリエイターたちによると、今月、Indiegogoで一般向けに販売を試みているようです。ハードウェア本体のデザインはまだ完全版ではないようで、価格も明らかになっていません。このクラウドファウンディングプロジェクトが成功すれば、日本を含む世界で流行するでしょうか?

部屋の壁に向かって堂々と使うにはなかなか勇気が必要だったりして、自由に”プリントアウト”できるスペースは限られそうですが、作品として創ったり観たりするのは新規性があって面白そうです。将来的には、SprayPrinterのハードウェアからは、デザインをシェア・売買できるオンラインコミュニティへのアクセスもできるようになるみたいなので、気になる方は今後のスプレープリンタに関するニュースにご注目を。

source: SprayPrinter via designboom

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(Rina Fukazu)