米国連邦刑務局、ドローン撃退システムを公募中

米国連邦刑務局、ドローン撃退システムを公募中 1

妨害電波、巨大ネット、はたまた機関銃?

今米国の刑務所では、受刑者たちがドローンで麻薬やタバコを「差し入れ」してもらう問題が多発しています。看守が散弾銃を持っていても役に立たないらしく、連邦刑務局はもっとスマートな方法を模索しているようです。

連邦刑務局は、ドローン対策のためのRequest for Information(情報提供依頼)を公開しました。Request for Informationとは、平たく言えば政府が「こういうの欲しい!」というときに出すものです。それによると、米政府が求めているのは「小さな(総重量55ポンド≒25kg以下)の無人航空システムの検知・追跡・阻止・交戦・無力化を可能にする」システムだそうです。

そのシステムの仕組みについては指定されておらず、ただドローンが入ってきたことを検知できて、追跡して、脅威であると認識して、適切に「対応」できれば何でもいいようです。ただ、このシステムには最高1万8000フィート(約5,900m)のドローンに対し有効であることが求められています。それはたいていのコンシューマー向けドローンの限界を超えていて、簡単なハックで飛ばせるぎりぎりのところでもあります。

対ドローンシステムはちょっとしたブームになっていて、特定のドローンを落とせるマルウェアや妨害電波、巨大なネットなどいろいろな手法が開発されています。刑務局はこれらのうちどういうものが欲しいということは明示していません。多分、妨害電波ならより安全で平和的ですが、対ドローンガトリング砲なんてのもありうるんじゃないでしょうか?

source: Bureau of Prisons via Network World

Chris Mills-Gizmodo US[原文

(miho)