マツダ・ロードスターからフロントウィンドウを取るとどうなる?

151107-mazda-mx-5-miata-spyder-concept_00-R.jpg

なんということでしょう。匠の技で、ますますセクシーになりました。

アメリカ、いや全世界でも最大級のクルマのカスタムパーツショー「SEMA SHOW2015」において、マツダはMX-5ロードスター)をベースにした2台のコンセプトカーを出展しました。これがあまりにもデラべっぴんすぎるのでご紹介したく。

151107-mazda-mx-5-miata-spyder-concept01-R.jpg

こちらは「Mazda MX-5 Speedster」。フロントウィンドウなしルーフなし。ディフレクターで前からくる空気を上部に逃がすルノースポール・スピダー・ソットヴァンを思わせる仕様です。なお助手席側のディフレクターは最小限な高さになっている模様。これは覚悟を強いられます。せめて水中メガネで目だけでも対策したいところです。

とことんピュアな構造としたことで、車重は943kg。2,000ccエンジンを積むMX-5の車重は1,047kgなので、大幅にダイエットしていますね。

151107-mazda-mx-5-miata-spyder-concept02-R.jpg

もう1台は「Mazda MX-5 Spyder」。レザーのビキニトップが! 刺激的! 電動トップのルーフにアーム、モーターを外したこれもまた走りを強く意識したモデルです。1,043kgですがホイールはインチアップしているしエアロはついているしで、やはり軽量化していると言っていいでしょう。

151107-Image9-R.jpg

雨の多い日本で、純粋たるオープンカーを維持するのは大変。ゆえに発売されたとしても海外のみとなりそう。ああ、いいなあ。うらやましい。

source:MAZDA

(武者良太)