メガネ革命始まる。酸素と水蒸気で目にやさしい「酸素メガネ」って何?

メガネ革命始まる。酸素と水蒸気で目にやさしい「酸素メガネ」って何? 1

目にやさしさと酸素を。

メガネのパリーミキでおなじみの三城から、世界初のメガネ「酸素めがね」が発売されました。

酸素めがねって何だろう? と思っている方も多いでしょう。そこでPVをご覧ください。

酸素めがねは、独自開発の「光誘起透明膜」をフレームにコーティング。このコーティングにより、光を利用して電子ホール(正孔)を発生し、酸素が集まってきます。

それに伴い、酸素が多く含まれた水蒸気に包まれるようになり、目にやさしい環境を構築するのです。

パソコン作業が続くと目が疲れてきますが、そこに酸素と水蒸気を発生させることで、眼精疲労が軽減されるというわけ。潤っちゃうわけです

酸素めがねは5,500円(税込)。9型34種類がラインアップされています。11月6日から2,000本限定で予約を受け付けており、11月27日から店舗で受け取ることが可能です。

お疲れ“目”の方、世界初の酸素めがねを試してみてはいかが?

source: パリーミキ

(三浦一紀)