ただ者ではない...空飛ぶレゴのようなドローンには未来がある!

151113legoslikedrones.jpg

もしも、レゴが動いたり空を飛んだりしたら、子供も大人も関係なく、素直に喜んじゃいますよね。

3DのレゴブロックのようなBitDronesの技術はれ以上の未来を見せてくれそうです。小さなボックス型のドローンとして、クィーンズ大学で発明されました。

まだ世界に12台しか存在していないというBitDrones。下記の動画では、3つの種類がユーザーインタラクティブに動く姿が公開されています。

動画で最初に登場するのが、Pixel Drones。LEDライトと小さなディスプレイが取り付けられています。すぐ次に紹介される二番目のドローンは、Shape Drones。3Dプリントされたキューブのなかに入ったドローンで、複雑な3Dモデルのいちブロックとして使うこともできるのだとか。そして動画のなかでユーザーの顔がカメラに映し出される瞬間、三つ目のDisplay Dronesが登場しています。柔軟に高解像度の動画撮影ができるのが特徴。それぞれのドローンの動きは、モーションキャプチャシステムによってリアルタイムで感知したり、追跡したりできるようになっているそうです。

BitDronesは今後、小型化・高度化したうえで増産していく計画があるのだとか。ヒューマン・コンピュータ・インタラクションのRoel Vertegaal教授は「砂の粒子ほどの小型化に成功したら、粘土のようにくっつけることもできるだろう」と、米ギズモードにビジョンを打ち明けてくれました。これが実現すれば、あらゆる形に操作できるオリジナルなClaytronicsが空中でも可能になるということ...!

こうした技術が様々な分野に転用できることは言わずもがなですが、具体的にはどんな場面で役立つでしょうか? たとえば3D分野や分子モデルゲーミングの世界だけでなく、もっといえば宇宙空間の建設業といった建築仮想化だって将来的には有り得るのではないかといわれているようです。

テクノロジーの可能性はやっぱり無限大。空飛ぶレゴのようなドローンの未来に、今後もご注目あれ。

Image and video via: Human Media Lab/Queen’s University

source: Queen’s University

Chelsea Scherer - Gizmodo US[原文

(Rina Fukazu)