水害対策もデザインに。台湾の古いモールが水の都に生まれ変わる

水害対策もデザインに。台湾の古いモールが水の都に生まれ変わる 1

この水のテーマパークのような画像が、まさかもともとは古いモールの駐車場だったとは。

古く廃墟のようになった建物が新たに生まれ変わるというのは、都市開発でよく聞く話。しかし、台湾は台南市の計画は、その中でも群を抜いています。古びたモールを、まるで水の都にしようってんだから。

台南市にある1980年代の古いモールを、人々が集う空間として新たに生まれ変わらせるという計画のもと行なわれたコンペの最優秀作品が、先日発表されました。それは、レストランやショップと、遊歩道、イベントスペース、そして公園が一体化したまるでテーマパークのようなデザインです。手がけたのは、オランダの設計スタジオMVRDVと、台南市地元のLLJアーキテクツ、そして台北のUrbanists Collaborativeのトリプルタッグ。

水害対策もデザインに。台湾の古いモールが水の都に生まれ変わる 2

このデザインは、ただ緑あふれる今時の建物ではありません。注目すべきは、エリア内のラグーンに生えるのようなもの。古いモールを完全に取り壊して新しいものを建てるのではなく、一部を残すというのが、このデザインのユニークなところ。この柱は、なんとモールの駐車場だった骨組み。それをそのまま残すというのです。かつてそこに何があったのか、それを思い出させるシンボルにというわけ。

水害対策もデザインに。台湾の古いモールが水の都に生まれ変わる 3

この柱を残すというアイディアは、見た目の奇抜さやどこかセンチメンタルな意味合いだけでなく、非常に実用的な面も兼ね備えています。柱があることで、洪水による被害を軽減できるという目論みがあるのです。

近年、水辺にある都市では、増える台風や水面上昇にともない水害対策が街作りの大きな課題となっています。海に面した都市・台南では、その1対策として、デザインの指揮をとったMVRDVいわく、水を跳ね返すバリアを築くのではなく、水の通り道となるラグーンをつくってやったらどうだというわけ。水害対策として水の都をデザインするとは、新たな考え方ですね。さらに、波が押し寄せたとき、どうやってその力を分散、軽減させるのかという課題もあり、今回のデザインでは残される柱がその役割を担うというのです。

水害対策もデザインに。台湾の古いモールが水の都に生まれ変わる 4

はじくのではなく、受け流す。鉄壁ではなく、スポンジを。それが、これからの都市計画の1つのトレンドになりそうです。

image: by MVRDV and APLUS CG, via Tainan City Government and Xin Media

source: MVRDV; h/t ArchDaily

Kelsey Campbell-Dollaghan - Gizmodo US[原文

(そうこ)