アメリカで大人気の映画「ハンガー・ゲーム」の弓はこうやってつくる

ハリウッドのバトルロワイヤルともいわれる、映画『ハンガー・ゲーム』

2012年に公開されて以来、世界中で反響を巻き起こしたアクション映画シリーズです。日本ではさほど人気が出なかったとも噂されていますが...アメリカのベストセラー小説が原作なだけあって、確立された世界観が、一度観ると結構ハマるのです。

さて、ついにシリーズ最終章である『ハンガーゲームFINAL:レボリューション』が11月20日に世界同時公開され注目されるなか、こんな動画がシェアされて話題を呼んでいますよ。

ジェニファー・ローレンス演じる、冷静でたくましい映画の主人公カットニス。彼女が戦いに使うが、動画のなかで精巧に再現されています。

材料には、8kgを越える重さの6061-T6とよばれる大きなアルミニウムの固まりと、4140とよばれるが使用されました。高温に晒されて、赤々と光りながら溶接されて、成形されて、削られて...。固まりから弓の形が出来上がっていくプロセスは、まさに職人技としか言いようのないさま。

本物同然に仕上がった強靭な弓は、まるでフィクション映画の世界を抜け出したかのよう。ひと昔前なら、好きな映画の登場人物のファッションを真似する程度だったけど、今は映画に出てくる小道具まで実際に真似しちゃう人が増えてる...映画オタクにとってなんともいい時代じゃあないか。

Casey Chan - Sploid Gizmodo US[原文

(Rina Fukazu)