こりゃまぁ。世界の都市を水没させるグリーンランドの氷河が恐るべし...

こりゃまぁ。世界の都市を水没させるグリーンランドの氷河が恐るべし... 1

科学者たちの予想をはるかに上回るスピードで急速に溶けゆく氷河。スローモーションのようにゆっくりと、世界の国々の街に変化を及ぼそうとしています。

北大西洋と北極海のあいだに位置するグリーンランドでは、その巨大な氷河が溶けているだけでなく、その氷面下にあった川や湖の水が海へと流れ出しています。その様子はニューヨークタイムズでも大きく特集されるなど、ここ数年注目され続けていました。海からの暖流が驚くべきスピードで氷河を崩す原因となっていることが研究によってわかったり、7月には、NASAのプロジェクトOMG (Oceans Melting Greenland) が氷河の追跡を始めたり。

これまで話題の多くは、グリーンランドの西岸部分が中心でした。ところが先週発表されたサイエンス誌の特別号では、東岸部分の変化について詳しく指摘されています。科学者グループによって発表されたNASAスポンサーのレポートによると、"加速"が始まったのは3年前で、筆頭著者のJeremie Mouginot氏は、グリーンランドについて「全方面から水が流れ入ってくるボートのようだ」と表現したことで話題になりました。

同チームによると現在、グリーンランド東岸にあるZachariæ Isstrømとよばれる巨大な氷原は、土台となっている水面下の岩棚から崩れ離れて、すごいスピードで動きながら溶けている状態。その面積は約5万7千㎡(ニューヨーク市の100倍以上)あるといわれます。NASAによると、完全に溶けると世界の海面を46センチも上昇させるほどの水量になり、毎年おおよそ50億トンが崩れて北大西洋に流れているそう。

こりゃまぁ。世界の都市を水没させるグリーンランドの氷河が恐るべし... 2

グリーンランドの氷面速度を表した地図。日ごとの移動距離が色分けされています。(ESA

またそのすぐ隣でこれまた溶けているNioghalvfjerdsfjordenとよばれる氷河は、世界の海面を50センチ以上上昇させる規模。Zachariæ IsstrømとNioghalvfjerdsfjordenの2つが溶けきってしまえば、なんと約100センチ上昇させることが見込まれています。こうした数字は、世界の国々の地形にもはっきりと表れます。

具体的にどうなるのか、ちょっと見てみましょう。

Geology'sの海面レベルマップによる、ニューヨークのイメージはこちら。紫色の部分が、100センチの海面上昇によって沈む部分です。

こりゃまぁ。世界の都市を水没させるグリーンランドの氷河が恐るべし... 3

ニューオーリンズはこの通り。沿岸だけでなく、川の付近にも影響があることがわかります。

こりゃまぁ。世界の都市を水没させるグリーンランドの氷河が恐るべし... 4

そしてオランダ。アムステルダムをはじめ、大都市まで...

こりゃまぁ。世界の都市を水没させるグリーンランドの氷河が恐るべし... 5

水の都、ベネチア...

こりゃまぁ。世界の都市を水没させるグリーンランドの氷河が恐るべし... 6

これらの地図イメージは、2つの氷河が完全に溶けた場合を想定してつくられたもの。こちらから世界の都市のビフォーアフター予想図を見れば、もっとよくイメージできますよ。

これまで指摘されていた未来が、ゆっくりと今迫って来ています。洪水など最悪の事態に備えるには、国家単位、民間組織、そして個人でどんな対策ができるでしょうか? 地球全体がこうした未来に備えて、改めて準備する必要がありそうだなぁと、今一度、考えさせられます。

ただのんきに観光なんてしてる場合じゃない!

source: Science; NASA

Kelsey Campbell-Dollaghan - Gizmodo US[原文

(Rina Fukazu)