自動運転車と人の運転の比較、どっちが安全?

自動運転車と人の運転の比較、どっちが安全? 1

コンピューターに運転させるなんて大丈夫なの?と言っている私たちの運転は大丈夫なのかよ?っていうお話。

自動運転車で起きた事故の報告が挙がるようになってきて、人間の運転と自動運転を比較するためのデータがぼちぼちそろってきました。どちらがより安全なのでしょう。ここに1つの調査結果があります。それによれば、自動運転よりも人間の運転のほうが、他人を怪我や死亡事故に巻き込むケースが高い可能性があることがわかりました。

調査を行なったのは、ミシガン大学の交通研究所(Transportation Research Institute)。グーグル、アウディ、デルフィの3社が報告した、米国内の道路における近年の自動運転車の事故に関するデータをもとに、2013年の同じく米国内の道路で起きたすべての事故と比較して、調査を行ないました。

自動運転車と人の運転の比較、どっちが安全? 2

調査で使ったデータを表わした地図。アウディ(緑)とデルフィ(青)は、中距離/長距離のドライブを一度実施。一方グーグル(赤)は、エリア内で日常的に走らせるというドライブテスト方式。

今までも自動運転車の事故報告はあれこれありましたが、人が巻き込まれ怪我を負ったケースはゼロ。事故の70%は、車が停止したとき、または時速5マイル(約時速8km)以下での走行時に起きています。また、事故の原因が自動運転車側だったこともありません

データを純粋に比較すると、100万マイル(約160万km)ごとに起きる事故の確率は、人間の運転よりも自動運転車のほうが高くなっています。が、ここで調査の肝となるのは、人間が運転していた場合の事故は、報告されていないケースが多々あるということです。

高速道路交通安全事業団(NHTSA)によれば、人が運転して起きた対物事故の60%対人(怪我)の24%報告されていない状況だというのです。では、この未報告の数字も総合して考えてみると、若干ではありますが、自動運転車のほうが安全だということになります。調査を率いたBrandon Schoettle氏とMichael Sivak氏は、現段階では確実だと名言することはできないと前置きした上で「自動運転車のほうが事故が起きる確率が低い可能性がある」と、調査報告で語りました。

自動運転車と人の運転の比較、どっちが安全? 3

調査で注目されたのは、事故の種類。人の運転による事故の約1/3は対車ではなく、対物(グラフの緑)もしくは対人(紫)の事故なのです。自動運転車には、対物対人の事故は今のところ起きていません。

人間と自動運転の事故を比較しようとした場合、報告データだけで議論しようとしても不十分であるといえます。今回の調査は、人の運転のほうが物にダメージを与え、人を轢き怪我や死亡を招く事故を起こす可能性が高いという1つの指標となります。

しかしながら、この調査だって自動運転と人の運転を平等に比較したとは、いえません。まだまだ圧倒的に自動運転車のデータが足りないからです。調査した本人たちだって「確率が高い可能性がある」と名言を避けるのはここにあります。報告にある自動運転車のテストでは、トータル120万マイル(約190万km)しか走行していません。一方、人間は年間3兆マイル(約4兆8000億km)も走るわけで。天候などの走行状況だって違います。

ただ、こういった調査が車社会を発展させるためには重要なのは間違いないこと。人の運転で起きるミスをテクノロジーで防ぐことができれば理想の形です。車メーカーが人や物を認識して避けるシステムを開発する一方、道路や歩道だって人を守るようによりスマートなものへと発展していきます。みんなのゴールはただ1つ、より安全な交通状況を作り出すためです。

さて、開発の進捗を待つ一方、それだけに頼らず、私たちドライバーもより安全運転を心がける必要がありますね。

source: A Preliminary Analysis of Real-World Crashes Involving Self-Driving Vehicles

Alissa Walker - Gizmodo US[原文

(そうこ)