屋根部分が20分で開閉する世界最大のドーム

2015.11.24 14:45
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


メンテのために上まで登るには30分かかっちゃいますけどね。

2万7000人のメンバーを持つ世界最大の技術者団体、Institution for Structural Engineers(構造技術者機構)が選ぶ、今年最高の構造工学設計に選ばれたのは、世界最大のドーム構造物。以前ギズモードジャパンでもご紹介したことのある、シンガポールにあるスタジアム「Singapore Sports Hub」です。


Institution for Structural Engineersが毎年選出する「Supreme Award for Structural Engineering Excellence」に選ばれたこのスタジアムはDP Architects、AECOM、Arupによってデザインされています。見た目や人気で選ばれるのではなく、その道の専門家の視点で選出されたのがこのドームだというのも興味深いですね。


151124sportshub2.jpg


Image via DP Architects

これがSports Hubを上から見たところ。この巨大なスタジアムは、端から端まで約310メートルもある世界最大のドーム型構造物です。

ちなみに、世界で2番目に大きなドームはダラス・カウボーイのホームスタジアムである、米テキサスのAT&Tスタジアムで、Sports Hubと比べると30メートル幅が小さいドームです。パンテオンと比べれば約270メートル幅広い…なんていっても想像しづらいので、Sports Hubのドームの上で人が作業するところを見てみましょう。



人が蟻とかミジンコとかに見える規模ですね。天井部分は特に「人類の素晴らしい発明」とデザイナーたちに言わせしめたエンジニアリングの極みとなっています。

4,000人の作業員たちが完成まで45カ月をかけて、そしてそのほとんどが地上より高い位置で作業を行い完成させたSports Hub。そのドームは2つの構造から成り立っています。ひとつは9,000トンの鋼板製の上部建造物で、これは一般的な固定された屋根部分です。


112415sportshub3.jpg


鋼の骨組みの上にのっかっているのは、レールに取り付けられ2つに分かれた軽量の上部建造物。なおこの屋根には2万個のLEDが組み込まれており、巨大スクリーンとしても機能させることが可能です。


112415sportshub4.jpg


十字に交差しているレールは巨大な線路のようなもので、建物に完全に固定されています。これによりきっかり20分で開閉屋根部分を閉じられるようになっています。

屋根のさまざまな機能を管理運営するには大勢の人が必要です。屋根のマネージング・デザイナー、Stanley Cheahさんによれば、地上から約79mの高さの屋根まで上るには30分かかるそうです。



熱帯地域であるシンガポール、スタジアムはさまざまな気候に対応できなければなりません。雨が降り始めればものの数分で対応に取り掛かることができます。

ドーム構造のデザインもシンガポールの暑い気候に対応できるようデザインされています。地下構造にはパイプによる水冷システムが存在し、シートの下のベントから冷たい空気を送りだします。


112415sportshub5.jpg


スタジアムの屋根が動くのも見ていて面白いですが、内部だって負けていません。さまざまなスポーツに対応できるよう、スタジアム内のシートも油圧リフトで動かせちゃいます。



シンガポールに行った時にはぜひ間近で見てみたいですね。


source: Supreme Award for Structural Engineering Excellence; h/tArchDaily

Image by Lead GIF via Tapio Snellman on Vimeo. All other GIFs via Arup on YouTube.

Kelsey Campbell-Dollaghan - Gizmodo US[原文
(abcxyz)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 世界の建築様式 (GAIA BOOKS)
  • エミリーコール|ガイアブックス
  • イタリア人が教える日本人の知らない建築の見かた
  • フランチェスカ プリーナ|エクスナレッジ
特別企画

家事で空気は汚れる? 「Dyson Pure Cool Link」でチェックしてみた

Sponsored by Dyson 風が強くて気持ちいい扇風機と、微細なアレルゲンも取り除いてくれる空気清浄機。2in1なダイソン・エアマルチプライアーシリーズ最新モデルが、さらなる進化を遂げました...
続きを読む»

・関連メディア