スター・ウォーズが好きすぎても、映画館にライトセーバーは持ってこないでね

スター・ウォーズが好きすぎても、映画館にライトセーバーは持ってこないでね 1

アナ雪の合唱ならともかく、ね。

いよいよ全世界で12月に公開される、スター・ウォーズ待望の最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」。丸くてかわいい新型ドロイドの「BB-8」や十字のライトセーバーを操る敵役「カイロ・レン」など気になることは盛りだくさんなんですが、ちょっと待って。劇場に長物を持って行こうとしていませんか?

実はシネマーク・シアターズやAMCシアターズなど一部のアメリカ国内の劇場では、仮装マスクや武器を模した物の持ち込みが禁止となっているんです。以下が、それぞれの劇場からの注意書きです。

シネマーク・シアターズ「マスクやフェイスペイント、そして武器を模した物(ライトセーバーやブラスターライフルを含む)の持ち込みを禁ず

AMCシアターズ「武器やほかのゲストを不快にさせたり、視聴の支障になる物の持ち込みを禁ず。コスチュームでの来訪はOKだが、マスクの装着は禁止ライトセーバーは上映中はライトをオフにし、ブラスターライフルやダースベーダーのマスクは家においてくること」

なるほど。まずダースベーダーのマスクのような被り物、そして銃器を模した物は全面持ち込み禁止、そしてライトセーバーも場合によっては持ち込めないことがありそうですね。

このような規制は「セキュリティ上の理由」で行なわれます。実はアメリカでは以前、コロラドやルイジアナで劇場内での銃の乱射事件が起き、多数の死傷者が出ました。そのうちコロラドの事件では容疑者が映画のキャラクターの仮装をしていたこともあり、このような厳しいマスクや銃器を模した物への厳しい規制があるのでしょう。

このような規制が日本の劇場に当てはまるのかは不明ですが、アメリカのスター・ウォーズファンは劇場ではちょっと窮屈な思いを強いられそうですね。

image by Levent Konuk / shutterstock.com

source: the guardian

(塚本直樹)