映画「ダイ・ハード3」の30分以内の移動、実際には可能なの?

映画「ダイ・ハード3」の30分以内の移動、実際には可能なの? 1

おバカかも知れませんが、マジに検証します。

ニューヨーク市のタクシー&リムジン協会の公開したデータは、市内の交通トレンドの調査に大きく役立ちます。それが本来の使い方かもしれませんが、ダイハード3での交通シナリオの現実性を本気で調査する事もできたりします。

開発者のTodd W. Schneider氏は、2009年から2015年まで11億件にも上るタクシーの利用内容や、2014年から2015年までのUberの利用内容1,900万件などの途方も無いデータセットを解析するというチャレンジをやってのけました。彼の解析結果は、さまざまな興味深い疑問に答えてくれています。しかし、その結果を読み進めていくと、他の何よりも真っ先に結果を知りたい疑問が投げかけられています: ブルース・ウィリスとサミュエル・L・ジャクソンは映画「ダイ・ハード3」では、本当に30分以内にアッパー・ウェスト・サイドからウォール・ストリートまで移動する事ができたのだろうか?

ダイ・ハード3のおさらいをしますと、ジョン・マクレーン(ウィリス)とゼウス・カーヴァー(ジャクソン)は、ウォール・ストリートの2番と3番の地下鉄駅に爆弾が仕掛けられていると告げられ、朝の通勤ラッシュの中を72番街とブロードウェイの角からウォール・ストリートまで30分で移動しなければなりませんでした。

以下がSchneider氏の考察方法です。

マクレーンとカーヴァーはアッパー・ウェスト・サイドを朝9時50分に出発します。そこで、以下の条件に該当する全てのタクシーの乗車データを抽出しました。

      タクシーに乗った場所がアッパー・ウェスト・サイドの西70番街から西74番街までの間の国勢統計区

      タクシーを降りた場所がウォール・ストリートの2番、3番の地下鉄駅を含む国勢統計区

      タクシーに乗った時刻が平日の朝9時20分から10時20分まで

そこから、移動時間のヒストグラムを作成しました。

映画「ダイ・ハード3」の30分以内の移動、実際には可能なの? 2

データセット内には、条件に該当するタクシー乗車が580件存在し、平均が29.8分、中央値が29分となりました。つまり、全体の半分は30分以内についていたという事です。しかし、ヒーロー達はまずタクシーを捕まえ、その後降りて地下鉄駅のプラットフォームに走っていかねばなりません。それらにかかる時間を3分と仮定して、車の移動時間を27分としましょう。すると、全体の39%が27分以内に到着します。ご覧のように成功確率としては割と普通なのですが、映画の中では、成功率が0に近い途方もない難行のように表現しています。アクション映画では珍しい、映画内よりも現実で簡単に出来そうなアクションという事ですね!

これが公的に入手可能なデータの有効活用でなくて、なんだと言うのでしょうか?

映画「ダイ・ハード3」の30分以内の移動、実際には可能なの? 3

ご覧のように、地下鉄を使えば恐らく一番早いわけですが、流石にそれはピーター・クリークも分かっていたのか、映画では公共交通機関を使う事が禁止されていたのでした。

NYのタクシー、Uberの交通データとその分析に興味のある方は、是非ともSchneider氏のページ、Analyzing 1.1 Billion NYC Taxi and Uber Trips, with a Vengeanceを御覧ください。

Alissa Walker - Gizmodo US[原文

(scheme_a)