嘘を見抜こうとすると、嘘は見抜けない

嘘を見抜こうとすると、嘘は見抜けない 1

優しい嘘は見抜いてはいけません。

嘘、見抜けますか? 嘘をつくのが上手い人、下手な人、嘘を見抜くのが上手い人、下手な人、何が違うのでしょう。仕草や表情、言葉のチョイスなどを総合的にみて、それが嘘だと判断するのが嘘を見抜く鍵だと思いますが、とある実験によるとそうでもないそうで。イギリスのハダースフィールド大学が行なった嘘に関する実験では、嘘を見抜こうとしない方が嘘を見抜ける可能性が高いという結果になりました。

実験では、被験者に旅番組に出演してもらい、嘘をつかねばならない状況を作り出しました。これは偽番組ですがもちろん被験者は知りません。スタッフが被験者に、時間がないのですでに訪れた場所数カ所についてのコメントと共に、まだ行ってない場所を行ったことにしてコメントして欲しいと頼みます。そうして出来上がった旅番組を、今度はまた別の被験者に見てもらい、どのコメントが嘘かを見抜いてもらいました。その結果、嘘を見破れとお題をだされたときよりも、出演者が真面目にしっかり考えてコメントしているかどうかを見てくれと言われたときの方が、正解率が高かったことがわかりました。嘘を見抜けというお題だと、ついあれこれ見ようとしてしまい、気が散ってしまうようです。

といっても、この実験で嘘を見抜くための何かがわかったとは言えません。正解率が高かったといっても60%。当てずっぽうの1/2の確立よりもちょっといいって程度です。さらに、嘘をついた人々も、番組制作のためにやっているので、いい嘘というスタンスです。誰を傷つける嘘でも、自分を必至に庇うための嘘でもありませんから、嘘に対する本気度や罪悪感も低いでしょう。

ただ、この実験で1つ言えるとしたら、シンプルに考えたほうが当たるかもしれないってことですね。

source: APA Psyc NetEurekAlert

Esther Inglis-Arkell - Gizmodo US[原文

(そうこ)