VR世界で起きた衝撃を生身の体で「感じる」

VR世界で起きた衝撃を生身の体で「感じる」 1

リアルに近づくVR世界。

まるでそこにあるようだけれど、触ることができない。触られることもない。それが、今のVR=ヴァーチャルリアリティの世界です。しかし、視覚だけでなく触覚にも働きかける、そんなVR世界が今まさに開発されています。

Impactoは、VRゴーグルなどの端末と一緒に使うアームバンド型アクセサリ。あっちの世界の衝撃をこっちの世界で再現することができます。VRの中でパンチされれば、その衝撃を体へ。もちろん痛みを感じない程度にですけれど。開発しているのは、ドイツのポツダム大学のハッソ・プラットナー研究所、HCIラボ(Human-Computer Interaction)。電気刺激による振動で、触感フィードバックを皮膚に再現します。昨今話題のハプティクスというやつですね。

VR世界で起きた衝撃を生身の体で「感じる」 2

研究チームが、VRボクシングゲームを使ったImpactoのデモ動画を公開しています。ゲームの中で相手のパンチを腕で防御すれば、二の腕につけた振動パッチが電気でピリっと筋肉を刺激。その弾みで腕がぐいっと引き寄せられ、パンチを受けたかのような衝撃を再現するというわけ。なるほど、これならば実際に腕を殴るわけではないので、痛くないのも納得ですね。動画の後半ではサッカーゲームのデモも。Impactoを足に装着することで、リフティング中のボールが足にあたる感覚を再現しています。

VR端末、VRゲームは、まだまだ一般家庭に入り込むところまでは来ていませんが、企業や大学のラボが注力していることの1つ。見るだけでなく感じるようにさせるのはVRの避けられない進行方向だと思います。ヴァーチャルの世界をもっとリアルに感じるには、触れないわけにはいきませんから。

image: via Hasso-Plattner-Institute

source: MIT Technology Review

Chelsea Scherer - Gizmodo US[原文

(そうこ)