これが本当の「禅Watch」。砂の波が現れては消える、アートな時計

実際はクロックなんですが。

台湾のテックメーカー、ASUSから発売されている人気シリーズ、「Zen」。スマホのZenFoneや、ノートPCのZenbookがおなじみですよね。そのシリーズの中に、ZenWatchというスマートウォッチがありますが、このたび、まさにリアルZenWatchとでも言うべきコンセプト製品が発表されていました。

とはいえ、作ったのはASUSではなく、ロンドンにあるStudio Ayaskanというデザインスタジオ。作品の正式名称は「Sand」というそうです。

時計と言っても文字盤はなく、針も短針だけとなります。12時間をかけてゆっくり1周すると、時計の表面には枯山水のごとき砂のさざなみが。

特徴的なのは次の1周。規則正しく描かれた模様が、今度はきれいに消えていきます。この波の模様によって時刻を知ることができるわけですが、実際には時計というよりアートに近いこちらの作品。かすかな砂の波が消えたり現れたりするその繰り返しは、まさに禅の世界に通じるのかもしれません。

残念ながら発売の予定はないそうですが、家に1つ、こんなゆっくりとした時間が流れる時計があってもいいかもしれませんね。

source: Studio Ayaskan via Hypebeast

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)