常識を覆す巨大ハイテク共同墓地に香港がざわめく

2015.12.20 13:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

151218hkbuilding.jpg


あの世でもハイテクの恩恵に授かれるってわけか。そうなのか?

世界有数の人口密度を誇る、香港。数世紀の間にわたって続く土地問題は有名な話です。地価が高騰し、新しい家を建てようにも場所がないこの街では、ほとんどの人は超高層ビル住まい。

香港の土地問題は、あの世に旅立った後も人々を悩ませます。そう、墓地が足りていないのです。

151218hk.jpg

背景には高層ビルが立ち並ぶ、香港の(共同ではない)墓地

共同墓地の小さなスペースを確保するのでさえ、何年も待たなければならないとか。共同墓地といっても、お寺の片隅にひっそりと佇む日本の一般的なそれとはかなり違っています。蜂の巣のような納骨用のブースが数百、いや数千も壁一面に並ぶ、ビルなのだそう。なんだか香港らしいような。

共同墓地それ自体は世界の様々な国に作られています。特に土葬でなく火葬の習慣がある国ならやりやすいというもの。実はこの共同墓地、近年どんどんハイテク化しているのです。下の写真は東京のとある共同墓地。お墓参りのときには専用のアクセスカードで中に入ります。カードに登録された納骨堂、というか納骨ブースが明るくライトアップされる仕組みです。なんとも幻想的な雰囲気。


151218hk5.jpg

151218hk4.jpg


「お墓」のイメージが覆るようですね。さて、今年2015年に香港で建設案が出された共同墓地も、ハイテク設備が盛り込まれる予定。一体どんなお墓なのでしょう?


倉庫から墓地へ


その香港の墓地の名前は、Island Memorial CentreAP通信のKin Cheung記者によると、この共同墓地建設には反対の声もあがったそうですが、Kerry Logisticsという貿易・物流会社が計画したもの。

Kerry Logistics社は自社の倉庫を改装し、10万人分を埋葬するスペースを持つ巨大なハイテク共同墓地を作ろうと提案したのです。


151218hk6.jpg

問題の倉庫の、現在の姿。いつか15階建ての巨大墓地になるのでしょうか


共同墓地にはテクノロジーが満載になる予定。EJinsightによると、墓参りの記録までできるとか。

この共同墓地は一見普通のビルに見えます。香港の一般的な共同墓地のように白黒の遺影で埋め尽くされるのではなく、遺影はスクリーンに映し出されます。訪れる人がそのスクリーンを点けたり消したりできる仕組みです。Kerry LogisticsのエグゼクティブディレクターであるWilliam Ma Wing-Kai氏曰く、一つひとつのブースの前にカメラを設置し、スマホ経由でどこでも死者に祈れるシステムを作るそう。

これはテクノロジーとは違いますが、お墓参りをする人が増える時期には、交通渋滞を解消するために共同墓地へ行き来するフェリーまで運行させるそうです。

この、現・倉庫のビルは、港から少し距離があり、物流の拠点にはあまり適していません。ところが共同墓地として売り出した場合、大きな利益を上げることができるそう。Journal of Commerceによると、ブース1つを市場の一般的な価格である9,000ドルで売った場合、利益率は70%にもなるとのこと。

2014年にKerry Logisticsが投資者向けに発表したレポートには、「共同墓地の計画は、長期的に見ると、Kerry Logisticsグループの作業効率と生産性向上につながります。だからこそ、グループの資産を投じているのです」と書かれています。共同墓地ビジネスへの参入は、長期的な目線でよく考えられた計画なのですね。

AP通信とSouth China Morning Postの報道では、倉庫を墓地へと改装するこの計画に対し、墓地へ行き来する交通量の増加や、それに伴う大気汚染を憂う住民たちから反対の声があがっており、そう簡単には実行に移せそうにありません。それをうけて同社は、ブースの数を8万人分まで少なくした案を2015年11月に発表しています。それでも、この計画に対して住民・行政がGOサインを出すかはまだ不明という状態。


人口増加と墓地不足


墓地不足の問題は、実は香港だけでなく世界各地で起きています。

死者を埋葬するという行為は、文明の発祥以来ずっと人類が行ってきた儀式です。埋葬場所に困るなんてことは、不思議なことに数年前までありませんでした。なぜ今になってやっと問題になっているのでしょう?

理由の一つは、世界の人口のが都市へと集中的に移動し始めたのはおよそ200年前からで、今もその移動は続いているということ。現代の都市は巨大に成長し、不動産価値は上がり、それゆえに、墓地のように高い収入が見込めない土地利用は好んで手を付けられなくなったのです。


国が違えば、問題やその対処法も様々


BBCによると、埋葬した遺体が十分土に還ったら、掘り起こしてきれいにし、空いたスペースを再利用するケースまであるとか。イギリスでは、墓地を一定期間リースに出すという案をめぐって論争が起きています。ノルウェーでは、遺体を薄いプラスチックで巻いてから土葬するのが一般的なため、全く土に還らないという問題が。

New York Timesは、墓地不足問題にどう対処すべきか、2013年にオンラインでディベートを行ったところ、海や山といった自然に遺体を還す「自然葬」など様々な案が出たそう。

香港では、墓地不足問題が工業設備の再利用という現実的な解決案が出るほどですから、深刻さがわかります。倉庫を共同墓地に改装するこの斬新なプロジェクト、沿岸の、かつて工業地帯だった場所に人が移住するという、世界の都市で起きている現象と実は同じ動きです。今回のケースでは、人ではなく墓地が移動しているのですが。地価の高騰は、都市の姿を変えていくのですね。

ビルを利用したハイテク共同墓地、今後世界で増えていくのかもしれません。すると、お墓を舞台にしたホラー映画やお化けのアニメ、いつかノスタルジックなものになるんでしょうか。


image by Lee Yiu Tung, Yevgen Sundikov / shutterstock, google

Kelsey Campbell-Dollaghan - Gizmodo US[原文
(Aska T.)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア