強度は10倍以上! 世界初のガラスセラミック製レンズフィルターが登場

強度は10倍以上! 世界初のガラスセラミック製レンズフィルターが登場 1

大事なレンズを守るために。

一眼カメラのレンズを守るために、ガラス製のレンズフィルターを装着している人は多いでしょう。しかし、上のレンズフィルターはちょっと特別。素材として株式会社オハラが開発した「クリアガラスセラミック」を採用したことにより、一般的なプロテクターの10倍以上、化学強化ガラスに比べても3倍以上の強度を実現しているんです!

このフィルターを製品化したシグマによると、ある特別な熱処理を行なうことで素材の内部まで均一な構造を実現。これにより、一般的なガラスフィルターの10倍上となる700HVというビッカース硬さを実現しています。通常のフィルターでは耐え切れなかった衝撃も、このガラスセラミック製のフィルターだから耐えられた、という場面もあることでしょう。

また、高い透過率とともに撥水、防汚性を誇るWRコートを採用。衝撃に強いだけでなく、通常の利用シーンでも撮影の妨げになりません。サイズは46mmから105mmまでさまざまなフィルター径が用意されており、もちろんすべてのシグマ製レンズに装着可能です。

価格は67mmが1万5000円~105mmの4万8000円まで。また46mm~82mmまでは薄枠のワイドタイプ仕様、86/95/105mmは通常枠タイプとなっています。価格は一般的なフィルターの3倍以上もしますが、高額なカメラとレンズを背負って登山やトレッキングに向かう…そんなシチュエーションなら、この超頑丈なフィルターもきっと真価を発揮することでしょう。

source: シグマ

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(塚本直樹)