米国の19歳少年、ツイッターアカウント57個でISISの勧誘活動して逮捕

2015.12.21 11:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

151218_isistweet1.jpg


これからも続きそう。

米国ペンシルバニア州の19歳の少年が、ネット上でISISへの勧誘活動を行なっていたとして逮捕されました。Jalil Ibn Ameer Aziz容疑者は、両親とともに住む家に武器を貯めこみ、「女を買って奴隷に」とか「米兵を殺す」といったことを日々ネットに書き込んでいました。ツイッターでは「@MuslimBruh0」のようなアカウントを通算57個も使っていました。

米司法省が公開した告訴内容によると、AzizはツイッターでISISのプロパガンダを拡散したり、新たなメンバーを募集したりしていました。以下はその一部です。



AZIZはツイッターを使い、米国軍の兵士に対する暴力を支持するISILのプロパガンダを広めていた。2015年3月21日頃、AZIZはツイッターアカウントの@Baqiyaah201sを使い「米軍のやつらはハメられた ISのハッカー部門があいつらの住所写真情報を公開www #Baqiyah」(訳注:Baqiyahは「永続」などを意味するISISのスローガンで、その筋で使われるハッシュタグ)同日、AZIZは「そう、アメリカのやつらはハメられた 乱暴な言葉で失礼…」ともポストした。このポストには、米国の兵士とその個人を特定する情報も含まれていた。


ソーシャルネットワーク各社はテロリストにサービスを利用されまいと、テロリストであることが疑われるアカウントは停止することで対応しています。が、ツイッターがアカウントをひとつ閉じれば、Azizはまた別のアカウントを立ち上げていました


ツイッターは定常的にAzizのアカウントを停止していたようである。彼のポストは過激で、ツイッターのポリシーを侵害していたためだ。AZIZはバックアップアカウントを作るか、新たなツイッターアカウントを彼がよく使うユーザー名を少しだけ変えたものを開設するかして対応していた。


警察は、AZIZのクローゼットにあった非常持ち出し袋に複数の武器が隠されているのも発見しました。そこには、弾薬が入ったM4式大容量マガジン5つと包丁が入っていました。

米国人がツイッターでISISのプロパガンダを行なって逮捕されたケースはこれが初めてではありません。ISISを支持する内容をツイートしていた17歳の少年は懲役11年、ISISへの勧誘活動をしていたピザ店オーナーは懲役22年半の判決を受けています。でも彼らが広げた草の根ネットワークがあるということは、予備軍的な人たちがまだまだいるということなんでしょうね…。


Kate Knibbs-Gizmodo US[原文
(miho)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特別企画

家事で空気は汚れる? 「Dyson Pure Cool Link」でチェックしてみた

Sponsored by Dyson 風が強くて気持ちいい扇風機と、微細なアレルゲンも取り除いてくれる空気清浄機。2in1なダイソン・エアマルチプライアーシリーズ最新モデルが、さらなる進化を遂げました...
続きを読む»

・関連メディア