ゼネラルモーターズ・ジャパンにとって、2016年はApple CarPlayの年になるでしょう

ゼネラルモーターズ・ジャパンにとって、2016年はApple CarPlayの年になるでしょう 1

画像はイメージです

ついに標準装備となります

ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社は、日本において今後販売する「キャデラック」と「シボレー」の車種において、Apple CarPlayをモデルは限定されるが標準的に搭載していくと発表しました。日本での標準装備は初となります。

一昔に比べて、私たちの生活にスマートフォンは欠かせない存在となっており、その約半数がiPhoneユーザーである状況です。このApple CarPlayは運転者や搭乗者のiPhoneを有線で繋ぎ、iPhone内の運転時に合った内容をタッチパネルやSiriを用いて操作するシステムになっております。GMジャパンは、日常的に利便性の高い最先端テクノロジーを車内でも味わってもらいたいと考え、踏み切ったようです。

ゼネラルモーターズ・ジャパンにとって、2016年はApple CarPlayの年になるでしょう 2

キャデラック Apple CarPlay(米国仕様)

キャデラックのApple CarPlayです。シンプルに収まっているのがわかります。

そして、キャデラックの車両は「CUE」、シボレーの車両においては「シボレーMyLink」というナビシステムがありますので、iPhoneユーザーでなくても安心して下さい。また、そのナビシステムはApple CarPlay搭載車にも付いておりますので、切り替えて使うことが可能となっております。下の写真がシボレーMyLinkになります。

ゼネラルモーターズ・ジャパンにとって、2016年はApple CarPlayの年になるでしょう 3

しかしながら、Apple CarPlayで使用できるアプリは限られており、大部分のコミュニケーションアプリは使用できませんし、Siriも音楽の検索にそこまで強いわけではありませんので、まだまだタッチパネルでの操作は必要そうです。これから開発が進みアプリの数や音声での操作性が上がるとさらに必要度が高まっていきそうですね。

ただ、操作してる時に、家族や知り合いにプライベートをさらしてしまって、焦って事故に繋がらないようにしないといけませんね。

source: ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社

(okeyuhi)