米AmazonもホバーボードのSwagwayをサイトから削除。広がる発火問題

米AmazonもホバーボードのSwagwayをサイトから削除。広がる発火問題 1

日に日に大きな問題となっているホバーボード発火問題。

ホバーボードの最大手Swagwayが、米Amazonサイトから削除されていることが、ネタ元Mashableの取材により明らかになりました。

Swagwayは取材に対し、先週金曜日、Amazonからすべてのホバーボード販売元にたいして、Amazonで販売しているホバーボードのバッテリーやチャージャーの安全基準を示すドキュメントを提出するよう通達があったといいます。Swagway担当者は、自社製品は安全基準を満たしており問題はないとコメントしていますが、現段階ではまだ米Amazonサイト上から製品が削除されたままの状態です。

Swagway以外のメーカーのホバーボードは、まだ米Amazonで販売されており、こちらも削除対応途中なのか、それとも安全基準的にクリアなのか、消えたメーカーとそうでないメーカーの基準は明らかになっていません。

ホバーボードの発火事故が複数件起きている問題で、米国消費者製品安全委員会(CPSC)はただ今調査中。原因はまだ突き止められていません。2015年人気に火がついたアイテムが、クリスマス前の大商戦時期に問題が起きてしまったのは非常に残念。しかし、何より安全第一。原因が明らかになるまで、購入は控えるべきでしょう。

また、Swagway担当者いわく、偽物商品が多く出回っているといいます。パッケージやロゴも真似されており、本物と偽物を見た目で見分けるのは非常に困難とのこと。現在、ちょっと荒れているホバーボード市場。今後、発火原因が明らかになり、改善すべきものは改善されてから、きちんとしたルートで買うのが吉です。

illustration by Jonathan Lingel / shutterstock

source: Mashable

(そうこ)