ChromeでうごくAmiga 500エミュレータで気分は80年代

151218amigaemu.jpg

Googleの研究者Christian Stefansenさんが、80年代に人気を博したパソコンCommodore Amiga 500のエミュレーターを作っちゃいました。Chromeブラウザ上で動き、ちゃんと機能もします。こちらで試すことができますよ。

このAmigaエミュレーターは、「コンパイルされたCとC++コードをブラウザ上で効率的かつ安全に走らせるためのサンドボックス」であるNative Clientで動くようになっています。エミュレーターのコードはOpen Source Universal Amiga Emulatorをベースにしており、「大体40万行くらい」のコードで書かれているとか。

151218amigaemu2.jpg

サイトのF&Qでは「メインページではAmigaを起動し、フロッピーディスクを挿入したり、ゲームを遊んだり、つまりまだ80年代だって振りをすることができます」、「(Enigmaの音楽か「トップ・ガン」のサントラをバックで流しながらがお勧め)」なんて説明が。有名な「Boing」、「Robo-City」、「Juggler」などのデモも楽しめるようになっています。

image by Amiga 500 Emulator

source: The Register

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

(abcxyz)