自宅で、超簡単に、自分だけの電気自動車をDIY!

理科のお時間です。

もしかして、みなさんも一度はイーロン・マスクみたいに電気自動車を作り出したいと思ったことあるんじゃないでしょうか? でも実際は、そんな大金用意できないよ!とか、そんなの一般人には空想の世界だけの話だろ…、なんて諦めてしまうことがほとんどだと思います。でも、実はけっこう簡単に実現できるんです。

必要なのは円形の磁石2個とまだ使える単三電池1個だけ! 信じられないくらいお手軽な材料ですが、これだけでテレビで見るよりかっこいい自分だけの電気自動車が作れますよ

でも、この手作り電気自動車ってモーターも無いのにどうやって走ってるんだろう?って不思議ですよね。実は、目に見えないだけでちゃんとモーターが存在しているんです。こういったシンプルな構造は単極モーターというもので、あの理科の授業で勉強したフレミングの法則を利用しています。磁界に電流が流れることで磁界と垂直の方向に力が発生し、磁石がクルクル回り出すという原理です。

ところで、このお手軽電気自動車の映像が、アルミホイルの上で撮影されているのに気付きましたか? これってただ画面をピカピカ華やかにさせるための飾りのために敷かれているわけじゃなくて、このアルミホイルの道がバッテリーの両端に伝わる電流を供給しています。そして電流が2つの磁石のタイヤによって作り出される磁界と合わさることで、車体全体を前に押し出すのに必要な力を生み出しているという仕組み。しかもけっこうスピード出てますね!

ということは、もし私たちの世界の道路という道路をアルミホイルで覆って、みんながお手製の電気自動車を組み立てれば走り放題? さすがに、現実はそんなわけにはいかないか…。でも理科の実験感覚で自作の電気自動車をDIYしてみるのも楽しそう! しかもものすごく簡単に、そしてお安く作れるのが魅力ですね。

source: YouTube via Kottke via Digg

Andrew Liszewski - Gizmodo Toyland[原文

(SHIORI)