FBのザッカーバーグCEO、娘誕生を機に時価総額5兆円のFB持ち株99%を寄付(ちょっとしたからくりアリ)

FBのザッカーバーグCEO、娘誕生を機に時価総額5兆円のFB持ち株99%を寄付(ちょっとしたからくりアリ) 1

第一子誕生おめでとうございます。

フェイスブックのCEOマーク・ザッカーバーグ氏とその妻プリシラさんの間に、第一子となる女の子Maxちゃんが誕生しました。おめでたいですね。娘誕生がフェイスブック上で発表されましたが、もう1つ重大な発表が。ザッカーバーグ夫妻は、夫婦で所有するフェイスブック株99%を生涯かけて寄付していくことを明らかにしました。株99%、これは現在450億ドル(約5兆円)相当となります。

寄付金は新たに設立されたLLC(合同会社)であるチャン・ザッカーバーグ・イニシアチブへと託され、この財団が今後健康や教育などを支援するための慈善活動を行なっていきます。ビル&メリンダ・ゲイツ財団のようですね。ザッカーバーグCEOは娘Maxちゃん宛ての手紙を公開し、その中でこの決断について語っています。以下、一部抜粋、翻訳。

僕たち夫婦が持つフェイスブック株99%(時価薬450億ドル相当)を、生涯かけてミッション達成のため寄付していきます。すでに問題に取り組んでいる優秀な人材やリソースと比べると、これはほんの小さな貢献だとは思います。でも、できることをやりたい、問題に取り組む多くの人々と共に。

99%もの持ち株を今後段階的に寄付するというニュースは瞬く間に世界中を駆け巡りました。しかし、その後公開されたSEC(米国証券取引委員会)の書類で、より詳しい内容が明らかになり、ちょっとしたからくりがわかりました。これを見ると、どうやら寄付するは寄付するのですが、単純に株をどうぞってな話ではないのです。新たに設立したチャン・ザッカーバーグ・イニチアチブに株を譲るけれど、この団体の保持する株に関する議決権、売却の権利は、ザッカーバーグ氏がもつという条件ありきの寄付なのです。また、寄付された資産の使い道として、慈善事業への寄付、そのためのNPO団体創設などのサポートのほかに、個人投資というものも含まれています。

Re/Codeは、自分がコントロール可能な団体に寄付するという今回のような動きは、シリコンバレーの有力者の間ではよくあることだと解説しています。もちろん、自分がコントロール可能だろうが、慈善事業のために資産の一部、それも5兆円相当を寄付しようだなんて、見上げた心意気であることに変わりはないのです。

image: via Mark Zuckerberg

source: FacebookSECBuzzFeed

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

(そうこ)