イーロン・マスク、自動運転車を自作したハッカーGeohotにダメ出しする

やっぱり、あの人が黙っちゃいませんでした。

12月16日(現地時間)、あるニュースが世界中を騒がせました。26歳の若者がアキュラ・ILXを改造した自動運転車を自宅のガレージで自作。さらに、それを公道で走らせたことをBloombergが動画付きで報じたからです。内部にメインマシンとして設置されたIntel NUCは、Linux搭載のAIシステムで手動運転のデータを学習します。

151218selfdrive-elonmusk002.jpg

運転席に設置された21.5インチのタッチパネルが目立つ目立つ!

この自動運転車を作った人物はGeorge Hotzさん(通称Geohot)。2007年に弱冠17歳でiPhoneを初めてジェイルブレイキングし、2010年にはPlayStation 3をハッキングしたことで知られるハッカーです。

グーグルやテスラといった大企業がこぞって開発を進めている自動運転車を、個人が自宅で作ったというニュースは衝撃的でした。しかも製作期間は1カ月です。「これにはグーグルもテスラも焦っているんじゃない?」なんて声もネットでは聞こえたりして。

ですが、テスラ・モーターズのCEOイーロン・マスク氏は、17日に更新された自社のブログで次のようにダメ出しをしています。

Bloombergの記事は間違っているよ。あれで自動運転車を作ったとはいえない。まあ、2年前にテスラも同じようなシステムを作っていたけどね。

なぜかと言うと、Geohotが作った自動運転システムは、彼がよく知っている限定された場所でしか使えないからだよ。初めて行く場所でも使えるようにするには、検証のために多くのリソースが必要だ。

何よりも機械学習の精度というものは、99%にするまでが簡単で、99.9999%の精度まで上げるのが難しい。時速70マイル(約112キロ)で車が走る状況で、機械学習の精度が99%程度なのは問題だ。

今年の夏にGeohotさんはイーロン・マスク氏に会い、人工知能の長所とリスクについて語り合いました。イーロン・マスク氏はGeohotさんに対して「ウチが使っているモービルアイのシステムを上回るものを作れたら、有利な契約と数百万ドルのボーナス付きで採用する」というオファーをしましたが、彼はそれを断っています。

その背景を考えると、イーロン・マスク氏のコメントは、簡単には誘いに乗らない気概と高い能力を持つ若者に対するエールに見えなくもありません。でも、単にBloombergのニュースとネットの反応を見て頭にきただけかもしれませんけれど。

source :Bloomberg,The Verge, Tesla Motors

(高橋ミレイ)