マシュマロを持ち寄る約束のパーティにスマホを持ってきたワケは?

Sponsored

151209_nexus00.jpg

Sponsored by ファーウェイ・ジャパン株式会社

マシュマロもいいけどスマホもね。

クリスマスが近づいてきたある日のギズモード編集部。今日は早めに仕事を切り上げて「持ち寄りパーティ」を開くことにしました。

151209_nexus02.jpg

持ち寄りのテーマは「マシュマロ」。メンバーが1品ずつ思い思いのマシュマロを持ち寄り、かわいく華やかなムードでパーティはスタート。そこへ、編集部・佐々木が遅れて到着します。

「すみません遅れちゃって! 今日はこれを持ってきました」

151209_nexus03.jpg

「それNexus 6Pじゃん! 今日はマシュマロを持ち寄る約束でしょ〜?」と一同大ブーイング。それに対して佐々木が答えます。

「なに言ってるんですか。このNexus 6Pに搭載されている最新のAndroid 6.0、コードネーム『Marshmallow』ですよ!」

はっとする一同。

「『Marshmallow』をいち早く搭載しているNexus 6Pこそ、このパーティにふさわしいと思って持ってきたんです。本物のマシュマロと比較してみても満足度では引けを取りませんよ。ご覧ください」

151209_nexus04r.jpg

「まぁ冗談はさておき(笑)、本当はNexus 6Pがかなり良いので皆さんにも見てほしくて持ってきたんです」という佐々木に興味をひかれる一同。

「Nexusシリーズは、Googleがさまざまなメーカーと手を組んで作り上げてきたブランドですが、Nexus 6Pはファーウェイがハードウェアの開発を担当しています」

151209_nexus05.jpg

佐々木に代わって解説しましょう。

技術力の高さで知られるファーウェイですが、Nexus 6Pにもそれが余すところなく生かされています。

まず、より早くロックを解除できる「指紋認証センサー」。

151209_nexus06.jpg

センサーは背面に付いていて、本体を持った状態から無理なくロック解除などが行えます。この自然な操作感は触ってみるとよく分かりますよ。精度も高く、セキュリティにも優れています。

151209_nexus07.jpg

ボディは剛性に優れたフルメタルシェル。美しい曲線もエレガントです。178gという軽量ぶりも印象的。上の写真のカラーはフロスト。ほかにゴールド、アルミニウム、グラファイトがラインナップされています。

151209_nexus08r.jpg

大型で高精細な5.7インチの画面(WQHD AMOLEDディスプレイ搭載)は、ゲームや動画好きにはたまりません。SNSをするのもすごく楽。小型の画面とは楽しみ方の次元が変わる感じがします。

151209_nexus09.jpg

大画面だとセルフィも撮りやすかったりしますが、カメラのスペックも気になるところですよね? これがいいんですよ。レンズはF2.0と明るく、28mmと広角なサイズ。

イメージセンサーの画素サイズが1.55μmと大きいこともポイント。薄暗い場所でもきれいに撮れるんです。

151209_nexus10.jpg

Nexus 6Pでマシュマロを撮ってみました。薄暗い室内でもこのクオリティ。このカメラはパーティシーズンに大活躍しそうです。

151209_nexus11.jpg

外に出て夕暮れの渋谷を撮ってみました。いい感じじゃないですか? イルミネーションなんかも撮りに行きたくなりますね。

151209_nexus12.jpg

そしてもちろんAndroid 6.0「Marshmallow」がいち早く搭載されていることもスペシャルなポイント。ホームボタンをタップするだけで、画面を解析し、次にしたいことをサポートするカードを表示してくれる「Now on Tap」をはじめ充実した機能が楽しめます。

ファーウェイとGoogleの最新技術が融合したNexus 6P、ハイスペックなだけにプロセッサーのパワーも気になるところですが、ご安心ください。Snapdragon 810オクタコアで力強く駆動してくれます。

3,450mAhの大容量バッテリーも心強いですね。充電はUSB Type-C経由で行いますので、従来型よりも最大で3倍速いそうです。

151209_nexus13.jpg

一同、興味津々で「いや〜持ってきてよかった」と佐々木も大満足のNexus 6P、キャリアモデルはソフトバンク独占です。

Nexus 6Pを購入すると、もれなくNexus Playerがもらえるアツいキャンペーンも2015年12月31日まで行われているのでお見逃しなく。

年末年始のパーティシーズンにお披露目して、人気者になっちゃってください!

source: HUAWEI 製品ページ

(奥旅男)