米大統領候補がインターネット閉鎖に意欲

イスラム教徒シャットダウン論で支持率を上げたドナルド・トランプ次期米大統領候補が、今度はイスラム国(ISIS)が若者勧誘に使ってる「インターネットも一部シャットダウンすればいい」、「ビル・ゲイツに頼めばなんとかなる」と言ってます。

_人人人人人人人人人人人人人_

インターネットをシャットダウン

 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

空耳かと思ってたら、15日の共和党テレビ討論会でもまた同じことを言ってた(動画)ので、本気みたいです。

具体的にどうシャットダウンするつもりなのかはわかりません。ISISがよく利用するサービス(トランプが大好きなTwitterなど)を選んでシャットダウンするのか、シリアなんかの関係国のネットを遮断するのか。どっちにせよ、ネットのしくみを根本的に誤解しているか、想念垂れ流しかの、どっちかでしょうね…。

そりゃネット発祥の国はアメリカですが、外国のネットは米国の管轄外です。2011年にはエジプトが反政府デモ鎮圧のためネットを遮断しましたが、あんな芸当アメリカにはできません。外国のISPに何かを命じる権限、アメリカにはないので。

海外ISPをハックして特定のネットワークに介入すれば、局地的に遮断は可能です。でもISISの活動範囲は広いので、局地的に遮断したぐらいではびくともしないですし。

SNSをプラットフォームごと遮断するというのも荒唐無稽です。ひとつがダメなら次。ISISはいくらでもサービスを乗り換えて、多角化してくるので、イタチごっこになるだけという気がしますよ。

…と書いてる間にも、トランプ候補はこの討論会でまたまた支持率を伸ばした、という世論調査の結果が入ってきました。ひゃ~。

151219republican_poll.jpg

まあ、テロ対策が争点になった先週の討論会では、他候補も迷言のオンパレードだったので、こんなものなのかな…。アメリカの未来は明るいよ。

1) 「サン・バーナディーノ銃乱射犯はFBIが監視していた分子と連絡していた。ところが携帯に暗号化がかかっていたので、キャッチされなかった。この暗号化の問題はなんとかしないといけない」(John Kasich候補)

→ 携帯のやりとりに暗号化がかかっていたという証拠はない。ISISに忠誠を誓ったのもフェイスブックの公開フィード上で、でした。パリ同時多発テロ後にも似たようなこと言われましたが、あっちも直前の連絡は平文のSMSだったことがわかってます。

2)「オバマがNSAのメタデータ収集をやめさせたからこんなこと(偽の脅迫でLAが全校閉鎖になった月曜の騒ぎ)になる。監視・捜査当局に監視ツールを戻してやらなければならん」(クリス・クリスティ候補)

→ あの監視プログラムはテロ防止になんの効果もなかったとFBI自身が認めてます。

3) 「北朝鮮に対抗するには、まず中国にサイバー攻撃を仕掛けて、それをきっかけに中国と同盟関係を結び、一緒に北朝鮮と戦えばいい(抄訳)」(カーリー・フィオリーナ候補)

→ サイバー攻撃は同盟に繋がらないような…。フィオリーナ候補は9.11後にNSAから援助要請の電話が入って応じたという、ヒューレット・パッカードCEO当時のお話も披露しましたが、あれもたぶん国家機密です。

Kate Knibbs - Gizmodo US[原文

(satomi)