Magic Mouse 2の悲しい現実

151209magic_mouse2.jpg

新しいマジックマウスとキーボードが出て「またまた入力が楽しくなった!」と小躍りしていたのも束の間…

Magic Mouse 2は前のと一緒デザインなんですが、充電可能なところが違いですよね。そこが良さですが、僕の場合は災いでもあるようです。

2カ月近く楽しく使ってたんですけどね、Magic Mouse 2。週末の間に電池死んでました。月曜の朝、目をショボショボさせて会社に行ったらマウス、死んでたんです。

「大丈夫、大丈夫。充電できるんだしね!」と思ってから、ふと、あちこちのブロガーが(自分も含めて)騒いでたなあ、と思い出したんです。ライトニングポートがマウスの下についてるから、ひっくり返して充電しなきゃならない、なんて無様な姿なんだ、力尽きたセミのようではないか、充電中使えないし、って。

Magic Mouse 2のこの問題を最初に指摘したらアップルから連絡がきて、たった2分で丸1日ぶん充電できるって説明されたんですけど、そんなことなくて、2分の充電を4回繰り返してやっと1日もつ感じ。何度やってもまたマウスは死んでしまうんですね。おかげでマウス充電してる間、散歩したり、コーヒー休みとったりできましたけど。仕事の能率は下がってしまいました。

Linghtningケーブルがすぐそばにあるんだから繋げばいいじゃん、馬鹿だなーって言われるのはわかってるんですが、単3電池のマウスを何年も使ってると、プラグ差し込もうとか思わなくなっちゃうんですよね。 まあ、これからは電池切れアラートが出たら絶対無視しないように気をつけます。

僕に今言えるのはひとつ。Magic Mouse 2は問題です。ひっくり返して充電しながら掌にLED照らしてカーソル動かそうとしてもダメです。はい、馬鹿です。いや、僕だけじゃないです!

てなわけで、みなさんも充電はこまめにね。

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

(satomi)