クリントン氏、暗号化のマンハッタン計画に意欲

ドナルド・トランプ候補がIS勧誘阻止でネット一部閉鎖を叫べば、ヒラリー・クリントン候補は暗号化阻止で「マンハッタン計画みたいなものが必要だ」と言ってます。いやあ、2氏が一騎打ちになったら間にブラックホールでも開いてしまうんじゃ…。

マンハッタン計画は国家予算20億ドルを投じ、米、英、カナダが科学の頭脳を総動員して進めた原子爆弾開発事業のこと。極秘で進められ、広島・長崎はもとより開発でも百人以上が亡くなりました。土曜のテレビ討論会でそれを例に挙げ、クリントン候補はこうニコニコと語ってます。

司会「パリ同時テロでも使われた新技術、暗号化はどうお考えですか? FBI長官は『テロリストは極秘にやりとりしており、警察は令状があっても中が見れない』と言ってます。候補は官民協力の立場ですが、アップルのティム・クックCEOは暗号化は国民のデータを守るために必要だと言ってますよね。協力を強制するんですか?」

クリントン「そこまではやりません。ただここはマンハッタン計画みたいなものが必要です。政府とテック業界をひとつにまとめる何かですね、敵ではなく、味方として。暗号化に阻まれてテロリストに警察が手も足も出ないのでは困るんです。何かがないと。技術のことはわからないのでそれが何かはわかりませんが。技術の専門家のことは信頼してます。バックドアはダメなんですよね、アップルも他社もそう言ってますから。しかし攻撃を未然に防ぐには、まず計画が見えないと。そこは民間と政府が共同で考えなければ」

この「サイバーセキュリティのマンハッタン計画が要る」というムードは、大型のハッカー攻撃が起こるたびに盛り上がるものらしく、ソニー・ピクチャーズと米保険アンセムの事件の後にも出たとワイヤードは書いてます。

莫大な金、頭脳、危機感が一体になれば不可能も可能になる!というのはわかるのだけど、暗号化データにアクセスできる穴を開けた途端、セキュリティは根底から崩れてしまうと専門家が再三言ってるわけでして…。番組終了後、テック業界からは「バックドアはやらないけど中は見たいって、どういうことだよ!」と言われてますよ。

Kate Knibbs - Gizmodo US[原文

(satomi)