DIYネズミ用トラップ研究動画

DIYネズミ用トラップ研究動画 1

ネズミ用トラップを仕掛けても、ネズミは捕まらずに餌だけ食べられちゃう状況に困ったカナダ人エンジニア、Matthias Wandelさん。罠のアイデアはほぼ完ぺきに思えたのに一体何が起こっているのか、原因究明と罠の改善を目指し、Raspberry Piと動作検知センサーやカメラでトラップ・モニタリングシステムを作成しました。そこに映っていたのは、ずるがしこくもかわいらしいネズミたち!

実際のネズミ用トラップではバケツの中には水を入れて、ネズミが溺れ死ぬようにしていますが、今回はYouTube用の動画のために水は抜いての実験です。

元々のWandelさんのネズミ用トラップのアイデアは、バケツを用いたシンプルなもの。バケツの上に、中心に棒を通した空き缶を設置。空き缶にはネズミをおびき寄せる餌が付けてあり、缶が回転するため、餌を取ろうとしたネズミがバケツの中に落っこちる仕組みとなっています。でもネズミは缶をバケツの片側にうまく動かして落ちることなく餌を食べてしまいます。

今度は缶の中に小石を入れることで、ネズミがその上に乗っても回転しないほどの安定性がありながらも、欲を出して端のほうの餌も食べようとしたら缶が回転して落ちる仕組みに。ネズミは何度かバケツに落ちるものの、ジャンプして戻ってまた餌を食べ始めちゃいました。上手くバランスを取りながら餌を食べちゃうので、これも改善の必要があります。

そんなわけで最終的に考え出されたのが、ネズミが「飛び込み台」の先に行くと、台がカクンとネズミを落とすシステム。おもりと磁石も付いており、ネズミが反応できないほど急に台が動くような仕組みになっています。バケツに水が入っていないため何度もネズミが落ちては再挑戦しており、台座にしがみついて落ちないようにすることを学んでいるようです。

結論としては、水を入れれば最後のトラップは餌をほとんど食べられることなくうまく機能してくれるだろうが、小石を40グラムほど入れた缶のほうが作るのは簡単だし十分機能するし、最初の缶を使ったトラップも機能する、とのことでした。

ネズミ問題でお困りの方は挑戦してみるといいかもしれませんが、罠があると知っていながらも何度も餌を食べにくるこんなに可愛いネズミ動画を見た後だとかわいそうになってきちゃうかも?

source: YouTube

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(abcxyz)