バラク・オバマ大統領をブッシュ化する技術、開発される

誰にでも思い通りの表情をさせられる。映像上は

いまどき、CGの世界ではどんなことでもできるんですね~。たとえばバラク・オバマ大統領の顔に、ジョージ・W・ブッシュ元大統領のスピーチをさせることもできるし、同じことをヒラリー・クリントン氏の顔でやってもいいんです。

この技術を開発したのはワシントン大学のコンピュータエンジニアリングの准教授、Ira Kemelmacher-Shlizerman氏です。彼が作ったのは、写真や動画を元にどんな人の顔でもCGでシミュレーションしてしまう技術です。このシミュレーションはまだ100%ではありませんが、従来のシミュレーションよりずっとリアルになっています。彼はコンピュータービジョン国際会議でこれについての論文を発表します。

基本的な考え方はシンプルですが、実現するためには高度な計算が駆使されています。Kemelmacher-Shlizerman氏は人物の顔の中から49のポイントを異なるセッティングで分析し、そのデータを別の顔にあてはめていきます。The AtlanticのAdrienne LaFrance記者はこう言ってます。

これらのモデルは腹話術師のようなやり方で動かされ、言葉はほかの誰かの口から出てくるように見える、が、人物特有のくせや表情はそのままなのだ。

知った顔がブッシュ氏みたいに話してるのをよく見ると、ちょっと不気味です。下の動画の1:30からは、日本の安倍晋三首相も含めてブッシュ風の話し方になってるので見てみてください。たしかに安倍さんなんだけど、首の動きとか、やっぱり別人格が入ってる感じと言いますか…。

もうひとつ、この研究ではトム・ハンクスの顔も詳細に分析しています。彼の場合いろんなシナリオで画像があって利用しやすいんでしょうね。Kemelmacher-Shlizerman氏のアルゴリズムは、「キャスト・アウェイ」でげっそりしたトム・ハンクスからも、「ウォルト・ディズニーの約束」で口ひげを生やしたトム・ハンクスからも同じ表情を抽出できます。さらにこの技術を使えば、上の動画の0:44あたりから見られるように、トム・ハンクスの若いバージョンと老けバージョン、現実バージョンを同時に喋らせることもできるんです。

151208_obamatalksbush.jpg

これだけでもすごく面白いんですが、Kemelmacher-Shlizerman氏自身は、この技術がまだまだ原始的だと言っています。でも将来的には、有名人もそうでない人も、映像上では自在に動かせるようになるのかもしれません。好きなキャストで映画を作れたりしたら楽しそうですが、でっちあげの証拠動画とかもできちゃいそうで、良くも悪くもいろんな可能性を感じます。

image by Univ. of Washington

source: Univ. of Washington via The Atlantic

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

(miho)