東芝と富士通、PC部門でタッグを組む見通し

151204-3021001205_cbddc8b92b_z.jpg

Photo by Charles

実際にそうなったら、どのブランドが残るのでしょうね。

読売新聞の報道によると、東芝はPC部門を切り離し、富士通と共に合併会社を作る方向へと舵を切ったとのことです。IDC Japanが発表した2014年国内クライアントPC市場実績値によると、PC市場の出荷台数シェア1位はNECレノボ(26.3%)ですが、シェア2位の富士通(18.8%)とシェア3位の東芝(12.2%)が組めばシェア31%となります。堂々たる1位となるかもしれません。

共にビジネス市場での人気が高いメーカーで鎬を削っていたわけですが、同じ資料によると対前年成長率は共にマイナス。そして東芝に限らずNo.1のレノボも本年いろいろありました。というか彼らには富士通東芝モバイルコミュニケーションズ株式会社というタッグを組んだ過去があります。営業力の一本化と部材調達コストの低減という意味で、確かにメリットが多そうなお話です。

しかし、気になるのが日本経済新聞の「パソコン3社が事業統合 東芝・富士通・VAIO交渉へ」という記事です。彼らは独自のニュースソースをもっているのか、それとも何かしらのナニか、VAIOの名前を出してきています。現在のVAIOはビジネス市場への食い込みを虎視眈々と狙っている状態。いってしまえばシェアは微少です。まさかVAIOを存続会社として2社のリソースを注ぎ込むという未来はないでしょうし...ないよね?ともあれ気になります。

source:読売新聞

(武者良太)