宇宙の住み心地ってどう? そんなに快適ではないかも…

宇宙の住み心地ってどう? そんなに快適ではないかも… 1

宇宙の住み心地って、そんなにいいものではないみたいですよ。

地球から35光年離れた場所にある、とある赤色矮星(せきしょくわいせい)は、あらゆる生命体を破壊するほどの力でフレアを放出しているんです。この赤色矮星という類の小さくて温度の低い恒星、宇宙では決して珍しいものではないというから、宇宙に存在する生命体って予想以上に少ないんじゃないかと思ってしまいます。宇宙人は絶対いる!と自信を持って言えないような…。

銀河系に浮かぶおよそ1000億もの星のうち3/4を占めると言われる赤色矮星は、天文学者と宇宙生物学者にとって大事な研究対象でしょう。銀河系で大きな影響力を持つはずの赤色矮星の性質がわかれば、人類が銀河系で生きるヒントがわかるかもしれません。

「The Astrophysical Journal」に発表された研究によると、これら赤色矮星の周りを公転する惑星は、矮星が放出する恐ろしく強力なフレアにしょっちゅうさらされています。このため、生命が発生するのは不可能とは言い切れないまでも、かなり難しいとのこと。

さて、あらゆる生命体を破壊するほどの力でフレアを放出している問題の赤色矮星は、M9型矮星TVLM 513-46546。美しい見た目からは、生命にとってそんなに厄介だなんて想像できません。

まず科学者を驚かせたのは、問題のTVLM 513-46546がものすごい速さで自転していること。そのスピードはなんと2時間に1回転。1カ月かかってやっと1回転する太陽との差は歴然たるものですね。

驚くのはそれだけではありません。これまでの研究によると、TVLM 513-46546の磁場は太陽の数百倍強力なのです。こんなに強力な磁場がこのような小さな星に発生するなんて、本来ありえないことです。

さらに、矮星TVLM 513-46546にはもうひとつおかしな性質があることが、Peter Williams氏率いるハーバード・スミソニアン天体物理学センターの研究チームが新たに行なった研究でわかりました。高周波の電波観測が可能なアタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計を使ったところ、この矮星からは95GHzという非常に高周波の電波が測定されたそう。太陽のフレアも同じくらい高周波の電波を発することはできますが、きわめてまれです。

また、矮星TVLM 513-46546から発生する電波は、太陽の1万倍明るいということも判明しました(質量は太陽の電波の1/10以下ではありますが)。4時間以上計測した結果から考えると、この電波の放出は基本的にいつでも起きているらしいとか。

宇宙の住み心地ってどう? そんなに快適ではないかも… 2

「こんな矮星がすぐそばにあったら、人工衛星で通信はまずできない。ましてやこんな過酷な環境下では、生命が発生すること自体かなり難しい」と、研究を行なったハーバード・スミソニアン天体物理学センターのPeter Williams氏はコメントしています。

こんな星がゴマンとあるなら、宇宙に住むなんて無理なんじゃ…宇宙人なんていなんじゃ…という気がしてきますね。それでも、この研究結果から得られたデータは、人が移住できる惑星探しをする宇宙生物学者にとっては大きな意味があるのです。赤色矮星を中心に公転する惑星は多く、その中に居住可能なものがあると予想されているためです。

問題もあります。赤色矮星の温度は非常に低く、その周りを公転する惑星が水を保つためには、惑星同士身を寄せ合うように近い軌道を通って、暖かさを保たないといけないそう。ハーバード・スミソニアン天体物理学センターの研究者は、こんな環境に住むのは、例えるなら竜巻の通り道に住むようなものだと指摘しています。惑星が隣り合って存在すれば「惑星は放射線にさらされ、結果、大気を切り裂いたり、地表にある複合分子を破壊したりするかもしれない」そう。

同センターのWilliams氏は言います。「このように人が住めそうな環境の惑星は、太陽が引き起こすよりもずっと強力な嵐にさらされているのです」

M9矮星TVLM 513-46546の性質が特別なのか、全ての星に当てはまるのか、まだわかりません。惑星への移住計画をもう一歩進めるためにも、天文学者はこの矮星に似た環境の星を研究しようとしています。

赤色矮星の性質が分かれば、いつか住み心地のいい惑星が見つかるかもしれませんね。

source: The Astrophysical Journal“The First Millimeter Detection of a Non-Accreting Ultracool Dwarf

George Dvorsky-Gizmodo US [原文

(Aska T)