ロシアの新データセンター、原発のすぐ隣に建設中

ロシアの新データセンター、原発のすぐ隣に建設中 1

もっと場所がありそうなのに…。

ロシアで建設が進められているデータセンターは、1万ラック分のスペースを備えるこれまでで最大のものになる予定。このデータセンター、使用される膨大な電気をまかなうために、現在稼働中の原発のすぐ隣に建設中なんです…。

データセンターを建設しているのは、ロシアの国有企業で、ウドムリャのカリーニン原子力発電所を運用するロスエネルゴアトム。…納得ですね。データセンターの消費電力が80MWなのに対し、原発の発電量が4,000MWなので、余裕で電気をまかなえちゃいます。

ロシアには、国内のユーザーにサービスを提供する場合、ロシア国内にサーバーを置かなければいけないという法律があります。それをいいことに(?)ロスエネルゴアトムは、フェイスブックやグーグルにデータセンターを絶賛売り込み中だそうです…。

source: Datacenter Dynamics via Engadget

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(conejo)