リンキン・パークもビックリ! 段ボールで作ったフェンダーのストラトキャスター

151204_cardboard_guitar.jpg

今までに「これ、実は段ボールで作ったんですよ」というものは結構見てきたように思いますが、その中でも一番驚いたかもしれません。

それはなんとエレキギター。しかも、あのフェンダー社の代表モデル、ストラトキャスターなんです。

こちらの動画を公開したのは、普段は一風変わったスノーボードを製造している、アメリカ・ロサンゼルスのSignal Snowboardsという企業。ボディ部分はもちろん、ネックやヘッドなども段ボールで作られており、むしろ、エレキギターの中でどうしても金属が必要な部分以外は、すべて段ボールだと言っていいかもしれません。

もちろん見掛け倒しなんかじゃありませんよ。普段からギターに触れているショップの方や、実際にフェンダー社の職人の方に演奏をお願いしてみると、あまりの音の良さにビックリ。

最終的には、なんとあのリンキン・パークのチェスター・ベニントンとブラッド・デルソンのところに持っていき、実際に演奏してもらうという贅沢な内容。この奇想天外なギターに最初は驚いた様子を見せた2人も、演奏を終えると「とても段ボールとは思えないね」と大喜び。

残念ながら市販はされないようですが、段ボールの底力を改めて痛感させられた次第です。

source: Signal Snowboards

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)