晴れれば最高の観測条件。今夜「ふたご座流星群」がピーク(更新あり)

晴れれば最高の観測条件。今夜「ふたご座流星群」がピーク(更新あり) 1

何を願いましょう?

国立天文台によりますと、今夜14日夜から15日未明にかけて、ふたご座流星群がピークを迎えるようです。夜半前からほぼ一晩中流星が出現。活動の極大は日本時間の12月15日3時頃で、注意深く観測すれば1時間あたり40個以上の流星を観られるんですって。

こうなると気になるのがお天気ですよね。

晴れれば最高の観測条件。今夜「ふたご座流星群」がピーク(更新あり) 2

ウェザーニュースでは定番となった「流星見えるかなマップ」を公開。定期的に天気予報を更新しています。午前11時現在の予報では東北・北海道でバッチリ見える。九州・山陰地方を除く広いエリアでチャンスありとしています。

また、今年の流星群は月明かりの影響が無く、天気が良ければ前後10年ほどの間で最高の観測条件になるとのことなので、期待も膨らみますね。今夜はぜひ、仕事終わりや寝る前に、空を見上げてみてください

残念ながら星空が見えない地域の方、忙しい方はウェザーニュースでは24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」が、全国7カ所から流星の同時中継を実施する予定なので、インターネットを通じて流星の姿をチェックしてみましょう。

みなさん、ステキな願い事を!

追記(14日15:30): 今夜の天気予報が大きく変わっているようです。「流星見えるかなマップ」の予想も更新され、関東や東海地方などが「難しそう」に。北海道、北陸地方では見えそうですね。

晴れれば最高の観測条件。今夜「ふたご座流星群」がピーク(更新あり) 3

こちらのマップ、今後も天気の変化があれば更新されるとのことです。なんとか見たいものですが…どうなるんでしょう。

source: 国立天文台,ウェザーニュース(流星見えるかなマップ-PCスマホ

(小暮ひさのり)