京都大学が受験生に入試での時計利用を禁止。スマートウォッチの影響

京都大学が受験生に入試での時計利用を禁止。スマートウォッチの影響 1

どれがスマートウォッチで、どれが普通の時計かなんてチェックしていられないもの。

今月10日、京都大学が、来年2月に行なわれる入学試験での、受験生による時計利用禁止を発表しました。どんな時計もだめ。全面禁止。近年台頭してきたスマートウォッチによるカンニング防止のためです。これについては、あれこれ意見があるようで、堀江貴文氏も、 ツイッターにて「検索前提の試験にすりゃええやん」と持論を展開し、いつもながら注目を集めました。

京都大学の対応は、世界中のメディアも報じていますが、ネタ元のウォール・ストリート・ジャーナル紙曰く、こういった時計禁止策をとるのは京都大学だけではないといいます。オーストラリアのニューサウスウェール大学でも、この夏から試験中の時計全面禁止が導入されました。もちろん理由は、「時計技術の発展にともない」となっています。

グーグルグラスがでたときも、一部の映画館がグーグルグラスの装着を禁止しましたよね。もちろん、メガネ全面禁止はありませんでしたが、まぁメガネですからね。全面禁止されたらそもそも映画見えませんもん。時計は教室に準備すればすみますから。モノ自体の特性で、時計は全面禁止しやすいモノだったわけです。そう思うと、メガネ型ウェアラブル端末がどんどん発展し普及して、普通のメガネとデザインで見分けがつかなくなったら…、いろいろ困るでしょうねぇ。

テクノロジーの発展と性善説は、どうやら相性がよくないのです。

image by Shutterstock

source: Wall Street Journal]

Bryan Lufkin - Gizmodo US[原文

(そうこ)