ジャイロスコープにUVカットウィンドウ。赤ちゃんの安全を追求したハイテクベビーカー

2015.12.25 13:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


安定第一。

ベビーカーを選ぶポイントのひとつが、移動時の震動が赤ちゃんに伝わりにくい構造かどうか。それを追求したベビーカーのコンセプトデザインが「Strollever」です。

プロダクトデザイナーのKim Hyeonseokさんが今年の夏に発表したベビーカー「Strollever」は、ジャイロスコープセンサーによって、どんな凸凹道を通った時でも、赤ちゃんの姿勢が安定して震動が伝わらないように設計されています。


151217strollever002.jpg


車輪は地形に合わせて自動的に変わるハブレスホイール。また、ドーム型のガラス窓は電動で開け閉めでき、UVや雨などから赤ちゃんを守ります。

YANKO DESIGNのコメント欄やツイッターを見ると、「これだと座った赤ちゃんが周りの景色を見にくいから改良が必要だね」「幅があるから日本の自動改札機は通れないかも」などの意見が寄せられています。


source: YANKO DESIGN

(高橋ミレイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア