夜間はブルーライトをカット! 目にも睡眠にも優しいグーグルの読書機能

151218readinglihgtfilter.jpg

はぁ、いろいろでてくるもんですねぇ。

電子書籍での読書好きに朗報です。Google Play ブックスが寝る前の読書に嬉しい新機能「Night Llight」をリリースしました。これは、夜が更けるにつれてディスプレイのブルーライトを徐々にカットしていくという機能です。ブルーライトは、眠りの妨げになると言われており、ゆえに、就寝前に電子書籍を読むとますます眠れなくなってしまいます。でも、寝る前にベッドで本を読むのってなんとも言えない至福のときだしねぇ。これをなんとかしようというのがNight Light。

夜になると、読書アプリの背景の色が変わります。ブルーライトをカットし、代わりにレッド/グリーンライトを増やすことで、アプリの背景が白から琥珀色に。いきなりチェンジするのではなく、夕方から徐々に少しずつ変わっていくというところがミソです。目にも眠りにも優しい読書タイムをどうぞ。

Night Lightは、Google Play ブックスのアプリ内にて利用可能。日本では表示オプションから「読書灯」を選ぶことで利用できます。Android、iOSともに対応です。

source: Google

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(そうこ)