あのヒッチハイクロボット、カナダの博物館へ

あのヒッチハイクロボット、カナダの博物館へ 1

カナダいいとこ。

ロボットと人はどうコミュニケーションをとるのか、お互いを信じることはできるのか…。このテーマのもと、ヒッチハイクをしていたロボット「hitchBOT」。昨年、カナダでのヒッチハイク横断旅行を成功させましたが、今年のアメリカ横断では、道中で何者かに壊され旅は終了してしまいました。そのhitchBOTが、カナダの科学&テクノロジー博物館の常設コレクションとして追加されることがわかりました。

さて、コレクション追加は発表されましたが、この博物館2017年まで建物修復のため閉館します。ゆえに、博物館担当者Tom Everrettさんいわく、「その間、hitchBOTは再び旅にでるかも」とのこと。常設コレクションが決まっていますからね、危険な旅はもうやめてね。旅するなら、やっぱりカナダでしょうね。安住の地はカナダよ。

image by hitchBot

source: CBC

Bryan Lufkin - Gizmodo US[原文

(そうこ)