すべての米政府機関に入れるマスターキーが盗まれた!? アメリカでまたもや重大ハッキング

すべての米政府機関に入れるマスターキーが盗まれた!? アメリカでまたもや重大ハッキング 1

クリスマス前なのに、政府の皆さんはパスワード変更に忙しいかも。

アメリカ政府にシステムを納入しているジュニパーネットワークスがハッキング被害に遭い、過去3年間分の機密情報が流出してしまった恐れがあると報じられています。

犯人はまだ特定されていませんが、ハッカーは機密情報へのアクセス権限が与えられている政府職員に共通で使われているシステムへ、バックドアを作るコードを仕掛けたようです。ジュニパーによると、このコードは一番早くて2012年の9月から存在していたとのこと。

CNNの取材に対してある政府関係者は、このハッキングを「すべての政府機関の建物に入れるマスターキーが盗まれたようなもの」と説明しています。バックドアを仕込む巧妙な手口やそのターゲットから、FBIは外国政府によるハッキングだと見ているようです。

今回のハッキングはその巧妙な手口から、外国政府によるものと見られると米政府関係者は話しました。関係者によると、犯人は、バックドアの裏にアメリカの諜報機関がいないことを確信しているようだとのこと。中国ロシアが最も怪しいと思われていますが、結論が出るには至っていません。

現在のところ、機密情報が影響を受けたかはわかっていませんが、ジュニパーのシステムは広く使われていることから、被害を特定するには時間がかかると政府関係者は見ています。

ジュニパーはパッチをリリースし、米政府と企業に対してすみやかにインストールしてほしいと呼びかけています。最近、こういうハッキングが本当に多いですよね。終息する日は来るんでしょうか。

source: CNN

Matt Novak - Gizmodo US[原文

 (conejo)